雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

アメリカの消費支出が低迷してきたのは所得が増加していないから

投稿日:

アメリカの消費支出が低迷してきたのは、所得が増加していないからだと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が14日(米国時間)コラムを介して診断した。景気回復の初期に経済専門家たちのスローガンは「バカ、問題は雇用だ」で今「バカ、問題は収入だ」に変わったというのだ。実際に専門家は、雇用市場が急速に回復を見せているに応じて、所得の増加速度も速くなり、消費支出が増えると予想している。

最近ロータリー債務が増えたのは、価格は上がっている一方、賃金上昇は停滞した姿を見せており、その違いをクレジットカードで埋めていることを示唆している。しかし、平均所得の増加が物価上昇率よりも急激に高くない場合の消費増加率は米国の実質国内総生産(GDP)が継続的に3%を上回る水準を維持するのに役立ちれないだろうと媒体は指摘した。消費は米国経済の3分の2を占めている。しかし、前日出てきた7月の小売売上高は前月比変化がないこと出ており、自動車販売を除くと0.1%増となった。

第3四半期の小売売上高

第3四半期の小売売上高は第2四半期の平均に比べてやや高いレベルで開始したが、指標は下半期秒消費部門の勢いが脆弱さを示唆した。一部の経済専門家たちは、小売売上高が今後大規模な上方修正されることがあり、脆弱な消費が、最近の雇用の増加や消費者心理とは合致しないと指摘した。今までの小売販売不振は最近緩やかな所得の増加率とかなり適合していることがメディアの指摘である。これは景気低迷を払拭しまった消費者集団とはまだ失業と低賃金、缶の住宅保有、低貯蓄の問題を抱えている消費者の集団が常に存在していることを示している。

ロイター/ミシガン大学の7月の消費者態度指数の調査によると、多くの世帯が依然として財政状態に懸念していることが分かった。3分の1の世帯は収入が最近増えたと明らかにした5分の1の消費者は、商品に高い価格を支払わなければならすることについて不満を表示した。なお、報告書は、「4分の1の世帯のみ、今後12ヶ月に財政的に良くなってと期待しており、半分は所得が全く増加しないと予想している」と述べた。

-FX

執筆者:

関連記事

ジンバブエドル為替-史上最悪のインフレ国

ジンバブエドル為替は、ジンバブエ中央銀行が、ジンバブエドルの採用を決めてから、とんでもないことになっています。 ここではジンバブエのとんでもない為替事情をお伝えしようと思います。 ジンバブエドルの超イ …

FXの強弱レシオは専門家に人気の指標

強弱レシオは、その道の専門家に人気のオシレーター指標で、あまり一般に知られているオシレーターではないのですが、一部のマニアに人気のある指標です。 強弱レシオは、別名ABレシオなどとも呼ばれていますが、 …

no image

世界市場がまだバブルではないがますます近づいている

伝説的な投資家ジェレミー·グレンおまけ(Jeremy Grantham)は、世界がバブルランド(bubbleland)に向いていると警告したとウォールストリートジャーナル(WSJ)が25日(現地時間) …

no image

ニューヨークの金、原油の市場価格の状況

ニューヨーク原油価格は、市場を動かすほどの材料部材の中に3週間の下落に伴う低価格買取歳流入して小幅上昇した。 14日のニューヨーク·マーカンタイル取引所で8月物西部テキサス産原油(WTI)の価格は、先 …

no image

連邦公開市場委員会、ポリシー声明の試運転に乗り出した

ジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長は、半期議会証言で、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)ポリシー声明の試運転(test-drive)に乗り出したウォールストリートジャーナル(WSJ)の …