雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

アメリカ連邦準備制度(Fed)内ハト派の切り札は低いインフレ期待心理

投稿日:

アメリカ連邦準備制度(Fed)内ハト派の切り札はすぐに低いインフレ期待心理とウォールストリート·ジャーナル(WSJ)が29日(米国時間)と診断した。Fedはこの日から二日間中に連邦公開市場委員会(FOMC)定例会のに突入する予定だ。いつ利上げを開始するかどうかの議論が加熱されると、市場は予想した。タカ派 ​​は、失業率が大幅に下落したことを理由に、短期金利の引き上げの検討を主張するものである。

これらはまた、今年の初めに1%に近かったインフレがFedの目標値である2%に近接しているという点も打ち出す見通しだ。ただし、インフレが今年の初めよりやや高くなったがハト派は、低インフレ期待心理を理由利上げを先送りうと主張することができるとメディアは言った。Fedの委員は、インフレ期待心理を非常に重要だと考えている。実際の物価上昇率よりもインフレが高まることができるという期待感は自己実現的予言になることがあるからである。

債券市場の指標を見たとき

しかし、まだ家計を対象とした調査と債券市場の指標を通って見たときに、個人の投資家は、インフレを懸念していないことが分かった。ミシガン大学の家計調査から1年後の物価上昇率は3.1%を示すものと予想された。これはFedの2%の目標値を上回るものであるが、過去10年間の平均物価上昇率と合致するレベルである。債券市場を通ってみると、今後5年間の物価上昇率は2.45%水準であると予想された。

これは、物価連動国債(TIPS)を通って推定したもので同様に長期的な平均と一致する。このように家計と金融市場がインフレビープ音を出さないことに基づいてFedハト派は「一度待って状況がどのように起こっているか見てみましょう」と言うとWSJは診断した。ハト派は、今回の会議では、このような論理を動員し、タカ派 ​​を打ち負かすことができるとメディアは言った。

-FX

執筆者:

関連記事

FXデイトレードなどにチャートを活用して5倍稼ぐ

FXをやる多くのトレーダーが、「チャート」と呼ばれる、為替レートの動きが分かるグラフを活用しています。 チャートは、過去のFXの値動きを表すグラフですが、FXの取引において、チャートを使うか使わないか …

米雇用統計-アメリカの雇用に関する指標

米雇用統計は、アメリカの雇用に関する指標で、アメリカの景気の動向を計るのに、とても重要な指標となっています。 アメリカの雇用統計が発表される時には、多くのトレーダーが大注目しますし、FXをやっているト …

no image

ECBが物価上昇率目標2%を達成するために量的緩和(QE)を延長

ニューヨーク原油価格は、ドルがユーロに一時1.5%以上急騰したうえ、ゴールドマン·サックスの原油価格の下落見通しに落ちた。19日のニューヨーク·マーカンタイル取引所で6月物のウエスト·テキサス産原油( …

株取引をスタートさせるには?

株取引をスタートさせるには、何が必要なのでしょうか? 株取引には、ネット回線を使った取引と、電話回線を使った取引とがありますが、どちらで取引を行うにしても、まずは、証券会社に口座を開設しないといけませ …

FXで通貨ペアを選ぶ方法

通貨ペアを選ぶ方法は、どんな方法でしょうか? 1つの通貨ペアしか見ていない方なら別ですが、複数の通貨ペアを監視してトレードをされている方は、どういった判断基準で通貨ペアを選択されているのでしょうか。 …