雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

Fed(連邦準備制度)議長の短期金利の引き上げで上昇

投稿日:

アメリカドルはジャネットイェルロン連邦準備制度(Fed)議長の短期金利の引き上げ時期と関連したヒントがユーロと円に上昇した。

連合インフォマックス(6411)によると、15日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場で、ドルは円に対してドル= 101.68円を記録し、前日ニューヨーク後場価格である101.54円より0.14円上がった。

ユーロはドルに対してユーロ= 1.3568ドルに動かして、前日ニューヨーク後場価格である1.3619ドルよりも0.0051ドルを下げた。

ユーロは円に対してユーロ= 137.96円で取引され、前日ニューヨーク後場価格である138.28円より0.32円下がった。

ユーロはこの日、欧州市場でドイツの経済指標失望にドルや円に下落した。

ドイツの7月のZEW景気期待指数は27.1を記録、先月29.8とダウ·ジョーンズが集計した専門家の予想28.0の両方を下回った。

ドルはイェルロンの発言が出た後、円に横這い圏に落ちた。 イェルロン議長が相当期間、超低金利を維持することを確認してからだった。

しかし、雇用市場が予想よりも肯定的であれば、来年末に基準金利が1%前後まで上昇することができると明らかにドルが上昇した。

市場関係者は「イェルロン議長が最近の雇用市場の改善について認知していることを確認することにより、ドルが強気支持を受けた」と説明した。

イェルロン議長はこの日、質疑応答の時間に「ほとんどの委員が2015年に金利の引き上げをはじめ、年末1%付近で終わると予想する」と述べた。

米国の経済指標

先に、米国発の経済指標は、全体的に肯定的な姿を示したがイェルロン議長の証言をアプヅムに応じて、ドルの価値に大きな影響を与えなかった。

米商務省は、6月の小売売上高は前月比0.2%(季節調整値)に増え、今年1月以来の最低の増加率を見​​せたと発表した。 マーケットウォッチによると、アナリストは0.6%増加したと予測した。

小売売上高が予想を下回ったが、第2四半期の成長率に肯定的に作用するという分析にドルの小幅上昇を牽引した。

ニューヨーク連邦準備銀行は7月エンパイア·ステート·企業環境指数が前月の19.3から25.6に高まったと発表した。 マーケットウォッチによると、アナリストは17.6と予想した。

一方、英国ポンドはドルに大幅に上昇した。 英蘭銀行(BOE)が、主要国の中央銀行の中には、最初に金利を引き上げることという予想が持続されているからである。

ポンドはドルに対してポンド当たり1.7161ドルに動かして、前日ニューヨーク後場価格である1.7084ドルよりも0.0077ドル上昇した。

マークカニBOE総裁はこの日、英国議会の公聴会に出席し、「フォワードガイダンスは、中期的には金利の見通しがどのように変わるのか、市場参加者に知らせようとするのであって、金利の引き上げがいつ開始されるかを示すものではない」と明らかにした。

昨年8月、カニ総裁は、失業率が7%以下に落ちるまでは、金利を上げないというフォワードガイダンスを発表した。 しかし、英国の失業率が予想よりも早く下落すると彼は、金利の引き上げ時期を決定するために、失業率のほか様々な経済指標を参照するということでフォワードガイダンスを変更した。

-FX

執筆者:

関連記事

指の関節がポキポキと鳴る理由

FXのトレードが好きですか?

皆さんは、FXが好きですか?それとも嫌いですか? 私は今はFXが好きですが、昔は特にFXが好きとか嫌いとかいうようなとらえ方をしておらず、ただ単にお金を増やす手段といった感じでした。 しかし、いつの頃 …

no image

ECBの金融政策決定が効果を発揮

欧州中央銀行(ECB)の経済見通しは楽観的であったが、ユーロ圏はまだ行く道が遠いとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が6日(米国時間)と診断した。マリオ·ドラギECB総裁は前日金融政策会議の後 …

FXではどのくらい稼げるのでしょうか?

「FXではどのくらい稼げるのか?」 FXを始める動機は、もちろんFXでお金を稼ぎたいと思って、FX市場に参加してみようと思っているはずですが、では、実際にFXでは、どのくらい稼ぐことができるのでしょう …

リスク回避で円買いがされる2つの理由

FXでよく言われるリスク回避通貨とは何でしょうか? リスク回避通貨は、過去には、スイスフラン、日本円が、リスク回避通貨と言われておりましたが、現在では、日本円がリスク回避通貨と言われるようになっていま …

株の配当受け取りなどについて

株の配当とは、利益の一部をもらえるシステムです。 企業が上げた利益の一部を、株主に「配当」として還元してくれる制度があります。 株主とは、株を買った人のことですので、皆さんが株を買ったら、株主になるの …