雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

コスピ指数-世界の株式市場がラリーを繰り広げている

投稿日:

米国のダウ·ジョーンズ指数が史上最高値を更新するなど、世界の株式市場が3月に入ってラリーを繰り広げている米国発薫風に力づけられてバクスグォン脱出を期待することができるという楽観論もあるが、低迷し景気回復に北朝鮮との緊張の高まりという新たな悪材料まで追加され、当分の間、力強く上昇することは難しいと思われる。

1800〜2050バクスグォン継続…取引代金の底最近のコスピはバクスグォン動き、取引代金の減少、主導株無しなど、典型的な「無気力」の特徴を示している。
コスピ指数は2011年5月2228.96で史上最高値を記録したが、二ヶ月後、欧州の財政危機が爆発し、1600台まで急落した。 同年10月に1800台を回復したが、この時から現在までに1800〜2050のバクスグォンを抜け出せずにいる。

KDB大宇証券投資戦略チーム長は「コスピが1年6ヶ月の間、バクスグォンに閉じ込められたことはなかった。 最長バクスグォンだ」と述べた。 2000年代に入って、コスピがバクスグォンで動いたのは、2001年1〜9月、2009年7月〜2010年7月だった。
取引代金も最下位である。

韓国取引所のデータ

韓国取引所のデータによれば、有価証券市場の日平均取引代金は先月3兆6748億ウォンを記録した。 2兆〜3兆ウォン台にとどまっていたコスピ日平均取引代金は2007年を基点に大きく増えたが、2007年4月以降、先月まで6年間3兆ウォン台に降り立ったのは2008年8月(3兆8335億ウォン)と、先月二度だけだった。

このような取引代金の減少は、指数がバクスグォンに閉じ込められながら、投資家が株式を買っても売ってもいないという意味だ。特に章をリードする銘柄や業種がないのも特徴である。 昨年章を率いていた情報通信(IT)、自動車などの大型輸出株は今年に入ってウォン高、円安などに力を失った。 内需主や中国関連株がその座を占めたわけでもない。

最近、「キム·ジョンフン州 ‘暴落、’アン·チョルス州 ‘高騰など政治テーマ株が猛威を振るっ、コスダックが相対的に強気を見せるなど、中小型株の偏り現象が生じることも無気力ザンスの特徴である。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

SK総合化学は早ければ12月から公式の商業生産に入る予定

SK総合化学は、高付加価値の石油化学製品を前面に出してグローバル市場攻略に拍車をかけている。SK総合化学は蔚山石油化学工業団地内の位置、ネックスルレン、工場が試験稼働などの準備作業を締めくくって、早け …

no image

BOJは景気回復が停滞する信号を示しているが既存のポリシーを維持

日本の銀行(BOJ)は、景気回復が停滞する信号を示しているにもかかわらしばらく既存のポリシーを維持する見込みだと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が7日(米国時間)と診断した。日本経済をめぐる悲 …

no image

美1月の雇用堅調… Fed「忍耐」をなくす可能性が上がる

米国の1月の非農業部門雇用者指標が良好に出たことにより、連邦準備制度(Fed)が6月に基準金利を引き上げる可能性がまだ開いていることダウ·ジョーンズが6日(米国時間)分析した。米労働省は1月の非農業部 …

no image

成長率速報値が年率2.3%(季節調整値)を示したと発表

ウォール街の専門家たちは、米国の第2四半期(2015年4〜6月)の国内総生産(GDP)が安定した試合の成長を示唆したと評価した。これらの試合成長基調を考慮すると、連邦準備制度(Fed·FRBの)が利上 …

no image

米国の金利引き上げ時期が遅れる可能性があると期待に上昇

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、米国の金利引き上げ時期が遅れる可能性があると期待に上昇した。6日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は全長より117 …