雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

韓国企業の配当性向が低いと指摘-決算法人の分析

投稿日:

12月決算法人のうち440社の分析、1.52%増えたが、依然として低い水準、12月決算法人の配当額が小幅増加した。 対象となった現金配当の会社の純利益が減った中、配当額が増加したものであり、配当性向も前年より上昇した。

しかし、専門家たちは、まだ企業業績に比べて、韓国企業の配当性向が低いと指摘した。韓国取引所が12月決算法人691社のうち、配当を実施した440社を分析した資料を見ると、2013年にこれらの企業の配当総額は、11兆6000億ウォンで、昨年に比べて1.52%増加した。

対象企業の当期純利益

対象企業の当期純利益は、前年比17.48%減の55兆1000億ウォンだったため、当期純利益に比べ配当額を示す配当性向は、21.39%で、前年比3.94%p増加した。
外国人は前年に比べて、昨年より多くの配当金を取りまとめて行ったことが分かった。 2013年に外国人配当金の総額は4兆3600億ウォンで、全体配当総額の37.49%を占めた。 前年より1.44%p増加した数値だ。

配当金額が最も大きい企業は、企業規模が大きいサムスン電子だったが、接続の当期純利益に基づいて配当性向が高かった企業は、斗山重工業であった。 斗山重工業の配当性向は397.23%に達し、741億3400万ウォンを株主に配当した。また、サムスン精密化学、化身などが続いた。

ただし、配当日の株価を基準に、配当の割合を表す時価配当率は、前年比1.82%減少した。 2013年末、コスピ指数が2012年末より0.71%p上昇したことによるものである。

配当性向が低いと指摘

配当性向は、最近になって3年以上株式市場で主要な投資基準となっている。 専門家は、まだ韓国の株式市場の配当性向が低いと指摘した。ある証券アナリストは「投資収益率が出てくると、配当収入がますます重要となる状況であるしかない。 企業がお金をもうけことができず、配当が少ない状況下では、投資家の立場でも理解ができるが、純利益を出す状況では、配当が少ないことには問題がある。 小幅に上がったりしたが、依然として企業業績に比べて、配当性向は低い状況だ」と述べた。

-FX

執筆者:

関連記事

FXではあらかじめシナリオを立ててトレードする

あらかじめシナリオを立ててトレードすることで、エントリー後も淡々とトレードできます。 トレードシナリオとは、ここまでレートがきたらエントリーして、ここまでレートがきたらエグジットしようといったことを、 …

no image

日本公的年金の株式への投資拡大を期待4%近く急騰

東京株式市場は、日本公的年金(GPIF)の株式への投資拡大を期待4%近く急騰した。20日日経225指数は戦場より578.72ポイント(3.98%)急騰した15,111.23で取引を終了しました。トピッ …

株券を最初から売ることができます

株券を最初から売ることができますが、どういう意味でしょうか。 株の銘柄は、4000ほどの銘柄がありますので、迷ってしまうと思います。 銘柄を選ぶ際には、単純に値上がりしそうな銘柄を選べばいいのですが、 …

no image

中国の預金準備率カットがアクセント心理を刺激

ニューヨーク株式市場では、下落傾向が再開された中で、中国の預金準備率カットがアクセント心理を刺激するかどうかが注目される。先週ニューヨーク株式市場は、米国の住宅着工実績などの経済指標が不振に出てきて、 …

マーフィー開発のスパンモデルとは?

FX界の大物、マーフィーこと柾木利彦さんが開発した、スパンモデルというテクニカル指標を紹介します。 柾木利彦さんは、スーパーボリンジャーバンドを開発したことでも有名ですが、柾木利彦さんは、スパンモデル …