雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

米国の株式市場が再び史上最高値を更新

投稿日:

5月、米国の株式市場が再び史上最高値を更新した。 4ヶ月間の上昇を妨げた抵抗線を突破した。

景気回復が株価上昇の一番の貢献者である。 雇用の増加に金融危機の際に消えた仕事のほとんどが復元され、消費も2012年9月以来、最も高い増加率を記録した。 米国経済が好循環構造に入った期待が株価を介して現れたのだ。

好況心理が広がっている点

投資の成果が良く、好況心理が広がっている点も上昇に一役買った。 米国年金基金は、実物投資収益率が予想以上に高く、心配している。 株式投資も同様であり、昨年一年の収益率が25%を超えるほどであった。 株式をはじめ、ほとんどの投資商品が、5年以上の高収益を記録していると、投資家が価格の変化の可能性よりも、傾向の延長により引かれているが、このような期待が、株価下落時に強い枚数で表されている。

金融危機以降、米国市場では、二度の著しい高値更新があった。 昨年3月と10月がそれに該当する。 1月は危機前の最高値を突破し、10月は5ヶ月間調整後再び最高値行進が始まった出発点だった。 国内市場は、いずれの場合も、米国の株価が史上最高値に達するまで上昇したが、その後は、株価がさらに上昇しても反応を示さなかった。 米国市場が最高値を更新するタイミングを前後して、グローバルな資金の流れが変わったからだ。

昨年10月には、代表的なの三ヶ月間続いていた外国人の買い越しが、米国市場の最高値更新後弱くなり始め、株式を買うことが形に変わった。しかし、今回も同様の動きがあるのを予測するのは難しい。 ただし、時間が経って「先進国高 – 新興市場と国内市場安」が現実化されても、その時点では、昨年よりも遅れて表示されるものと見られる。

今年は景気回復が明確

昨年は、国内経済が減速しているため、米国の株価上昇が一つの材料程度にしか役割をしていなかった。 一方、今年は景気回復が明確になっており、より大きな役割が期待される。 今の株価が過去最高値更新時よりも低いことも肯定的な部分である。

昨年のような場合には、総合株価指数が2050近くだったが、今では2000付近にとどまっている。 株価水準が低く、さらに上昇領域が存在することである。 株価の同調が過去に比べて弱くなったが、それでも先進国の株価上昇が、国内市場にかなりの役割をしているのは明らかだ。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

選ぶしかない!評判の高いDMM証券でコスト20パーセント削減可能

FXでは、1回の取引におけるコスト(主にスプレッド)の大小はとても重要で、できるだけ取引コストを下げないと、利益が減ってしまいます。 FXのと取引コストは、各証券会社によって様々ですが、証券会社の中に …

no image

OPECが減産に踏み切ることもできるという見通しに上昇

ニューヨーク原油価格は、石油輸出国機構(OPEC)が減産に踏み切ることもできるという見通しに上昇した。14日のニューヨーク商業取引所で12月物のウエスト·テキサス産原油(WTI)価格は前日よりバレル1 …

酒田五法の底と天井のチャートパターン

酒田五法には、底と天井のサインがあります。 底と天井のサインのうちの1つが、「三川」です。 三川は、トリプルボトムとも言われる、下落相場で3回底を打つ状態のことを言います。 3回底を打つと言う意味は、 …

FXの注文ミスはベテランでもやってしまう

FXの取引を行う際に、注文ミスをしてしまうことがありますが、注文ミスは、気を抜いていると、ベテランでもやってしまうことがあります。 FXでよくある注文ミスでは、例えば、買い注文をするつもりが、売り注文 …

FXではボリンジャーバンド上で動きのパターンを把握することが大事

動きのパターンを把握する方法。 私がFXでトレードをする際に必ずボリンジャーバンドをチャートに表示させていますが、このボリンジャーバンドで、レートの動きを大まかに把握することができます。 ボリンジャー …