雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

流動性相場拡大への期待感の具体的な実体

投稿日:

世界の株式市場の上昇の中心には、米国証券市場がある。 実際にはグローバルな流動性拡大への期待感の具体的な実体はまだない。 しかし、今月ジャクソンホール会議と来月ECBの政策理事会、FOMCの定例会議などを控えて、グローバルな流動性の拡大が行われるとの期待感が持続され、今年の初め以来最長期間と見ることができる5週連続の上昇を見せ、米株式市場もなんと6週連続で上昇の勢いを継続しながら上昇ラリーは、世界の株式市場全体に持続している状況である。

さらに最近の小売売上高や住宅価格指数、景気先行指数など、米国の主要経済指標が予想を上回る結果を公開し、今後の米国経済の不確実性を緩和させてくれた点も世界の株式市場の重要な上昇力だった。

発表スケジュールは多くない

しかし、今週は先週に比べて、米国をはじめとする主要国の経済指標の発表スケジュールは多くない。 そのため、これまで米国など世界の株式市場は、特別な調整なしに上昇してきたという認識が持たれる場合、小さな材料にも変動性が大幅に拡大する可能性も排除できない状況だ。

短期的に、米国の株式市場の変動性を育てることができる要因を挙げてみると、米国のFOMC議事録が挙げられ、住宅関連指標、中国とユーロ圏の製造業関連指標を挙げて見ることができる。

さらに、ギリシャを含むユーロ圏主要国首脳の連鎖会談を通じて、欧州の財政危機が、果たしてどのように展開するかどうかも、米国証券市場のさらなる上昇するかどうかを決定する重要な変数であると判断することができる。 そして、今週に予定される、サムスン電子とアップルの特許侵害訴訟に関連する評決も、個々の企業の問題を​​超えて、米国など世界の株式市場の変動性拡大要因となる可能性がある。

小さな材料に敏感に指数が反応する可能性

小さな材料に敏感に指数が反応する可能性がある。 最近の出来高が伴っていない株式市場が上昇してきたのは、米国と韓国の証券市場の一般的な事項である。 短期的な観点から重要なのは、7月FOMC議事録である。

現在、米国の景気状況について、FRBの見解や、今後景気浮揚のために、FRBが果たしてどのような対策を講じているかどうかを確認しなければならないと判断される。 これまで米国の株式市場が9月FOMCの会合でQE3に踏み切ることになるという期待感によって、着実に上昇してきたので、今回の7月のFOMC議事録の内容から景気浮揚のため、FRBが果たしてどのようなヒントを与えるかどうかを確認していない場合、米国株式市場はやや失望の反応を示す可能性がある。

そして、先週の建築許可件数が、予想を上回る4年ぶりの最大値を記録するなど、住宅関連の経済指標が、米国経済の持続的成長の可能性に対する信頼感を高めながら、株式市場も上昇の勢いとなった。 今週も、新規住宅や中古住宅販売件数が発表される予定だ。

-FX

執筆者:

関連記事

コスピ指数-世界の株式市場がラリーを繰り広げている

米国のダウ·ジョーンズ指数が史上最高値を更新するなど、世界の株式市場が3月に入ってラリーを繰り広げている米国発薫風に力づけられてバクスグォン脱出を期待することができるという楽観論もあるが、低迷し景気回 …

証券会社に株式口座を開設しましょう

証券会社に株式口座を開設しますと、取引が開始できます。 株式の口座開設は、証券会社のホームページからできます。 資料請求などで、口座を開設したい証券会社を選んだら、その証券会社のホームページに行き、ホ …

ローソク足のパターンの癖を何となく掴む

ローソク足の癖を、何となく掴む方法があります。 株の世界では、酒田五法という、江戸時代の米相場において、本間宗久という人があみ出した投資手法がありますが、酒田五法は江戸時代にあみ出された手法で(ローソ …

FXでウィリアムズ%Rはレンジに強い

ウィリアムズ%Rは、レンジ相場に強いと言われているオシレーターになります。 ウィリアムズ%Rは、FXを勉強している人なら、その名を知らない人はいないであろう、有名な人物である、ラリーウィリアムズ氏が作 …

no image

円のショートポジションは95億ドルで5.6%減少

ニューヨークの金融市場では、米ドルは先週発表された昨年12月、米国の雇用指標を消化し ​​て方向性を模索するものと予想される。去る9日(米国時間)ドルは賃金上昇率不振に伴う消費支出弱体化の懸念に連邦準 …