雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医者が年収をアップするための3つの方法

投稿日:2018年11月26日 更新日:

医者が年収をアップするには、3つの方法があります。1つは、開業することです。もう一つは、昇格して年収を上げる、そしてもう一つが、転職をするという方法です。どの方法でも年収をアップすることが可能で、年収1800万円以上を目指すことができます。

医者が年収をアップしやすいのはどれ?

この3つの方法の中でどの方法が年収をアップしやすいのでしょうか?

開業して年収をアップする

医者が一番年収アップを見込めるのが、開業するという方法です。開業医の中には、1800万円どころか、3000万円以上を稼ぐ医師さえいます。しかし、自分で病院を経営するというリスクが付きまといます。従業員に給料を支払ったり、検査機器の購入など、資金繰りに苦労することは目に見えています。開業はハイリスクハイリターンの要素は強いですが、病院が乱立する現在では、リスクはかなり高いです。

昇格して年収をアップさせる

現在、勤務している病院で昇格をすることで、年収をアップさせることができます。ただ、実力を認めてもらうのに時間がかかりことが多く、病院の事情でなかなか昇格できなかったり、昇格するポストが開いていないといったことで、なかなか昇格できないこともよくあります。できるだけ早く年収をアップさせたい方にとっては、なかなか昇格できるまで待つというのはつらいはずです。

転職をして年収をアップ

開業と昇格以外にも、転職をして年収をアップさせるという方法もあります。転職をして、年収をアップさせた人はけっこういるようです。ただ、転職するとなると、転職活動をしないといけません。忙しい医師の方なら、なかなか時間が取れないかもしれません。

どの方法が一番いいのか?

この3つの方法の中で、一番いいと思うのは、もちろん、今の病院で昇格することでしょう。なかなか昇格できなくても、ポストが開くのを待ったり、実力を認めてもらうのを待ち、コツコツと今の病院で仕事を続けるのが一番いいと思います。

ただ、今勤めておられる職場の給料が低く、我慢できないという方は、開業したり、転職をするほうがいいかもしれません。

開業をするのと転職をするのとどちらがいいかといいますと、やはり、転職をするほうがいいと思います。開業をするとなると、経営者になるわけですし、病院の設立、看護師のマネジメント、検査機器の調達など、簡単にできるものではありません。

転職支援サービスを利用して転職

転職の場合であれば、求人案件次第で、年収が今よりもグッと上がる可能性は高いです。もしも、今の仕事が忙しく、転職活動に時間が取れないということであれば、転職支援サービスを利用すれば、簡単に転職をすることが可能です。

転職支援サービスでは、面倒な求人の検索、面談の日程調整など、全てあなたの代わりにやってくれます。しかも、転職支援サービスに登録をするのは無料ですし、面談の調整、求人の検索なども、無料でやってくれます。あとからお金を取られることが一切ありませんので、転職を希望する場合であれば、転職支援サービスに登録をするといいと思います。

転職支援サービスは、非公開求人(一般に扱われていない求人)を多く保有していて、自分で求人を探すよりも、条件のいい求人を見つけやすいです。

また、転職支援サービスのキャリアコンサルタントが、あなたに代わって、給与の交渉や、待遇面での交渉を行ってくれます。給与の交渉などは、普通なかなかできませんが、あなたの代わりにキャリアコンサルタントが、相手先と交渉をしてくれませので、年収1800万円以上の給与で雇ってもらう可能性も高まります。

もしも、転職をして年収をアップさせたい、転職支援サービスに興味が沸いてきたという方は、以下で紹介する、転職支援サービスを利用するといいかもしれません。

おすすめの転職支援サービス

転職支援サービスで一番おすすめなのが、エムスリーキャリアです。エムスリーキャリアは、登録者数が業界ナンバーワンで、知名度、実力ともに、業界ナンバーワンの存在となっています。25万人もの医師が登録をしていて、非公開求人の保有数も圧倒的です。キャリアコンサルタントが、熱く対応をしてくれます。

また、医師転職ドットコムというサービスもおすすめです。医師転職ドットコムは、エムスリーキャリアに匹敵する、大きな転職支援サービスです。規模だけで言うと、エムスリーキャリアと同等です。ただ、アルバイトを希望している方にとっては、少しもの足りない印象を受けるかもしれません。

あと、MCドクターズネットというサービスもいいと思います。MCドクターズネットは、規模的には、エムスリーキャリアや医師転職ドットコムに少し劣る面はあるものの、拠点数が多いという特徴があります。地方への医師転職に強く、短期単発などの求人に強いという面があります。キャリアコンサルタントの熱量がソフトで、上記2社に比べると、対応が柔らかいという印象を持つ人が多いようです。

まとめ

上記で紹介した、転職支援サービスは、どれも無料で登録をすることができます。転職支援を受けても、全て無料ですし、お金は一切発生しません。忙しくて、求人を探すことができない方でも、キャリアコンサルタントに丸投げすることができますので、キャリアコンサルタントに、希望の求人条件を言っておき、待っていれば、条件に合った求人を見つけてきてくれます。

また、今すぐに求人を見つけたいわけではなく、情報収集をするために登録をするという手もあります。実際、登録費用がかからないので、情報収集のために登録をしている先生が多くいます。何社か登録をしておいて、良い条件の求人が見つかれば転職を検討するといった使い方をすれば効率がいいのではないかと思います。

うまく転職支援サービスを活用すれば、年収1800万円以上で、しかも条件の良い求人が見つかるかもしれません。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書いて研究者に与えるものであるなら、医学博士も意味があろうが、現状では論文の内容にはほとんど意味がない …

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募 …

no image

病院の待合室に響いた子供の恐ろしい一言

大学病院の内科医局に勤めるAさんには、4歳になる長男コウちゃんがいる。小さな子どもを連れて病院にいくのは、どこへ行くよりも、気疲れするものである。あと3カ月で、妻のK子さんは2人目を出産する予定だ。A …

no image

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった

将来何科に行くかを決めない形での研修も可能になった。病院で研修を受け、そのうえで、何科に進むかを決めてよくなった。もちろん、これが十分な研修と言えるかどうかは、まだまだ疑問点はあるが、大きな改革である …

no image

リウマチの症状、しびれなどについて

リウマチは、関節が炎症を起こして、間接が変形してしまう病気のことです。リウマチになってしまうと、関節の腫れや痛みを引き起こしてしまいます。 リウマチに悩む患者数は、全国で50万人以上と言われています。 …