雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

資金に対しポジションサイズを適正にする

投稿日:2014年6月3日 更新日:

FXでは、資金に対しポジションサイズを適正にしないと、証拠金維持率が100パーセントを下回ってしまう危険性が出てきてしまいます。

証拠金維持率が100パーセントを下回ってしまうと、追証が発生してしまいますので、資金に対するポジションサイズには、常に気をくばらないといけません。

資金に対するポジションサイズ

FXでは、最大で25倍まで上げられるレバレッジを利用すれば、入金している資金の25倍の取引ができるので、多くの方がレバレッジを利用しています。

このレバレッジは、大きく稼げるようになる効果的な手段ではあるのですが、証拠金維持率が100パーセントに近い状況でレバレッジトレードをしてしまうと、追証が発生してしまう可能性が出てきます。

ですから、証拠金維持率が100パーセント近くになっている状況では、ポジションサイズは小さくしないと危険です。

初心者のポジションサイズ

時に、FXの初心者や勝ててない人ほど、高いレバレッジでトレードをする傾向がありますが、これは、リスクを考えずに、とにかく早くいっぱいお金を稼ぎたいと焦る気持ちから、どうしてもレバレッジを上げてしまうのです。

しかし、FXで勝っている人の多くが、レバレッジをあまりかけないでトレードをしていますし、できればあまり高いレバレッジをかけないでトレードをして法がいいと思います。

FXでリスクを下げるためには、レバレッジを下げて、全資金のうちの10~20パーセントくらいのポジションを持ってトレードし、必ずストップロスを設定するということが、リスクを減らす有効な手段となります。

ですから、ポジションサイズを適正にすることは、はかなりリスクを下げれることにつながりますので、できるだけポジションサイズは小さくするように心がけましょう。

-FX

執筆者:

関連記事

W指値注文、Uターン注文、リレー注文とは?

W指値注文、Uターン注文、リレー注文という、3つの注文方法があります。 W指値注文とは、指値注文と逆指値注文が同時にできる注文方法です(指値注文と逆指値注文の記事で、指値注文と逆指値注文を詳しく解説し …

銘柄の株式分割の仕組みについて

株式分割の仕組みについて紹介します。 株式分割というのは、その名前が示す通り、株を分割するという意味になります。 株を分割するということは、どういうことかも言いますと、例えば、1株180万円の株を3つ …

FXのロット数について

FXの取引をする際の、ロット数(枚数)について。 FXで実際に取引を行う際に、1ロット(10万通貨分)や0.1ロット(1万通貨分)、さらに最近では、0.01ロット(1000通貨分)の単位で通貨を買った …

no image

今年の追加緩和政策が出てくる可能性があると分析

金融専門家たちは、4日、中国人民銀行(PBOC)の預金準備率(ジジュンユル.RRR)引き下げ措置がデフレ懸念と景気ファンダメンタルズ弱体化に対応した措置としながら、今年の追加緩和政策が出てくる可能性が …

FXで通貨の強弱で相場を見る方法

通貨の強弱で相場を見る方法があります。 例えば、ドルと、円と、ユーロの3つの通貨の中で、今現在、どの通貨が一番強いのかを見るために、まず(順番はどうでもいいですが)、「ドル/円」の移動平均線が、上昇し …