雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

内国為替と外国為替-流通経費削減のために始められた

投稿日:

為替は、外国為替と内国為替という分類に分けることができますが、外国為替は、世界各国の通貨間の賃借関係において、直接現金を輸送することなく決済をする方法で、内国為替とは、国内の債権などの決済を、直接現金をやり取りすることなく決済する方法になります。

為替の流通経費削減

もともと為替は、現金を輸送する危険性や、輸送経費の削減を目的とされていて、一定の期間に返済をすることを前提に、利子のような形で取引が行われます。

為替の歴史をたどると、古代から為替の手形が存在してとされているくらい、為替の歴史は長く、8世紀ごろには為替が存在したという説があります。

また、古代エジプトで、有価証券のような仕組みが存在したとも言われていますが、これについては、現在の為替につながるものではないと考えられています。

その他にも存在した為替

あと、中国でも古い時代に預かり手形のようなものが存在していたりしたようですが、現在の為替の原型となるようなものは、13世紀のイタリアにおいて、両替による危険を避けるため、間に人を立てて、支払いを取り決めさせる取引をしたのが始まりとされています。

この仕組みは、当時の承認や教会などが促進させてと言われていて、ローマ教皇が税を徴収するために行ったりしていました。

現在の為替

それから現在までに様々な進化を遂げてきた為替は、今ではインターネットの発展により、1個人であっても、自由に取引が行えるような環境が整っていて、大学生や主婦であっても、気軽に取引が行えるようになっていますし、小額のお金を用意すれば、売買ができたり、24時間取引が行えるようになったりと、その進化は現在も進んでいて、将来的にはもっと身近なものになっていくのではないかと思います。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

サムスン電子が2020年までにTVの生産量を1億台へ引き上げ

サムスン電子が2020年までに年間グローバルTVの生産量を1億台 ​​レベルに引き上げるという目標を最近確定した。超HD(UHD)画質とカーブ·ド·(curved)モデルなどを前面に出してグローバルT …

no image

今年と来年の世界経済成長率が反騰する見通し

今年と来年の世界経済成長率が反騰する見通しと格付け会社フィッチが30日(米国時間)、世界経済展望報告書を通じて明らかにした。ピッチは、主要先進国の経済が世界経済の成長に貢献程度はますます増えるだろう、 …

FXのトレードで勝率5割で同じpipsなら

勝率5割で同じpipsならどうなるのか。 FXでトータルで収益をプラスにしていくためには、何かプラスになる要素が必要です。 もし、トレードのトータル勝率が5割の場合で、獲得pipsと損益pipsが同じ …

no image

ユーロ圏の銀行は826億ユーロ借りにとどまった

ヨーロッパ中央銀行(ECB)の最初の目標長期融資プログラム(TLTRO)で、ユーロ圏の銀行は826億ユーロ(約1千69億ドル)を借りにとどまった。これは市場の予想を下回ることがので、いくつかの専門家は …

よく言われる為替の円高や円安とは何か?

よく、ニュースなどで出てくる言葉で、「円高、円安」という言葉をよく耳にすると思います。 この、円高や円安と言われるものは、為替用語で、円高は円の価値が高く、円安は、円の価値が低いということを表していま …