雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

外反母趾の病院での治療方法は?手術で改善可能?痛みはない?

投稿日:2018年8月8日 更新日:

外反母趾は、足の親指が変形してくの字の形になってしまう病気です。親指の付け根の部分の関節が腫れたように突出してしまう特徴もあります。

外反母趾になってしまう理由は、靴が合っていないからです。幅が狭くてつま先がとがったような靴(ハイヒールのような形の靴)を長期的に履いていると、足の指が圧迫されてしまい変形してしまいます。

外反母趾にならないためには、幅に余裕があり、つま先もとがっていない靴を選んで履かないといけません。

外反母趾の治療は、変形した指を元に戻すための体操や装具の装着などです。ただ、外反母趾の症状がひどくなると、手術が必要となります。

外反母趾になり、手術以外の方法で治療をしていく場合、これ以上悪化しないように、先端がゆったりとした靴を履くようにします。

そして、足の指でじゃんけんをするなど、指の運動を行ったり、装具を装着し、指の変形を補正したりします。

これらの方法で、軽度の外反母趾であれば、完治できる可能性はあります。ただし、重度の外反母趾の場合には、これらの方法では完治は難しいです。

痛みがひどい場合には薬が処方されます。塗り薬や貼り薬などです。これで外反母趾が治るわけではありませんが、炎症を抑え痛みがマシになります。

手術で外反母趾を治療する場合、変形している度合いによって、手術法を変えたりします。

比較的軽度の場合

比較的軽度の場合は、シェブロン法という、骨を一箇所切って外側にずらす手術を行い治していきます。

外反母趾の症状がひどい場合は、マン法という中足骨の根もとの骨を切り曲げる手術を行います。

手術を行う場合は、4~5日入院をすることになり、退院後しばらくしてから抜糸をします。

手術で骨を切りますので、骨を折った時と同じように、骨がくっつくまで完治したことにはなりません。しばらくは松葉杖を使って歩くことになります。

2~3ヶ月して骨がくっつけば、靴が履けるようになります。当然ですが、完治した後は、また再発しないように、ゆったりとした靴を履いて生活していくことになります。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ストーカーとは?心理や特徴

ストーカー行為は、対象相手を待ちぶせしたり、乱暴や脅迫などの行為をする人のことを指す。あからさまな嫌がらせなどをしなくても、ストーカーと判断されることもある。 家に押しかけたりするのを続ければ、ストー …

no image

医者の学閥を抜け転職をしたい人が利用すべきサイト

学閥を抜け転職をしたい人は多くいるようです。もしも転職を考えているのであれば、自分で動くよりも、転職支援サービスを利用したほうがうまくいくと思います。 転職支援サービスであれば、キャリアコンサルタント …

no image

アニマ、アニムスと男女の恋愛傾向

女性の中の未発達な男性像はアニムスと呼ばれ、男性の無意識の奥深くに秘められた未発達な女性像はアニマと呼ばれる。 女の子は女らしさを求められ、男性的要素を抑圧する。もともと男性の中にも女性の中にも男性的 …

no image

内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそうだ。 糖尿病になりそこねたある歯医者の話である。年齢もほとんど変わらず、開業した時期も同じなので院 …

no image

入墨除去 池袋サンシャイン美容外科の評判や口コミ

池袋サンシャイン美容外科の入墨除去の評判はどうなっているのでしょうか? 池袋サンシャイン美容外科の入墨除去の評判はいいです。ネットなどで池袋サンシャイン美容外科の入墨除去の評判を調べても、悪い評判は見 …