雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

もしインフルエンザにかかったら-特徴や治療法、発症後の対策は?

投稿日:2018年8月8日 更新日:

もしインフルエンザにかかってしまったら、すぐに医療機関を受診しましょう。インフルエンザウイルスはかなり早いスピードで増殖します。

インフルエンザウイルスはかなり早いスピードで増殖しますので、できるだけ早く病院で処置しないと、どんどんと症状が悪化していてしまいます。

また、インフルエンザは、他の人にウイルスを感染させてしまう病気ですので、周りの人にうつさないように、マスクの着用をしましょう。

病院で適切な治療を受け自宅に戻ったら、絶対安静です。熱が出てなくても他の人にウイルスを感染させてしまう恐れがあるので、外に出ないようにしましょう。咳をすると空気感染してしまいます。

インフルエンザは風邪と症状が似ているので、熱が出ても風邪薬を飲んで治ると思ってしまって、病院へ行かないケースが多いです。

38.5度以下の熱であって、下痢などの症状がない場合は、自宅安静で治利ことが多いですが、38.5度以上の熱が出たら、安静にしているだけでは治らないことも多いです。

インフルエンザは、高齢者が感染してしまうと、最悪亡くなってしまうことがあるほど危険な病気です。

インフルエンザの症状は風邪に似ていて分かりにくいですが、高熱が出て、全身の倦怠感、食欲不振、関節痛、筋肉痛、頭痛などの症状ができますので、こういった症状が出たらすぐに病院へ行きましょう。

インフルエンザの治療

インフルエンザの治療は、インフルエンザウイルスの数を減らす、抗インフルエンザウイルス薬を処方されることが多いです。

抗インフルエンザウイルス薬を飲むことで、高熱が1~2日で下がっていきます。

ただ、熱が下がったからといって、インフルエンザが完治したわけではありません。熱が下がった後も、2~3日は自宅安静が必要となります。

自宅安静をしている時、高熱が続き食欲が落ちてしまうと思いますが、食事や水分の摂取はしないといけません。

水分を取らないと脱水症状になりますし、食事を取らないと体力がなくなり、病気への抵抗力が減ってしまうからです。

高熱が出ると、いつもより多くの汗が出ますので、こまめに水分補給をしないといけません。

汗をいっぱいかいた時は経口補水液などが良いですし、食事が取れないときには、ゼリーやプリンなど、食べやすいものだけでもいいので、何か口にするようにしましょう。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医者が年収をアップするための3つの方法

医者が年収をアップするには、3つの方法があります。1つは、開業することです。もう一つは、昇格して年収を上げる、そしてもう一つが、転職をするという方法です。どの方法でも年収をアップすることが可能で、年収 …

no image

インクロムボランティアセンターでなら大阪の治験情報が見つかる

インクロムボランティアセンターは、大阪で行われている治験の案件を取り扱っているサービスです。大阪の治験限定ですので、関西圏にお住いの方のみの募集となっています。関西以外の方は参加できません。 インクロ …

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募 …

no image

形成外科の転職を成功させたいなら利用するべきサービス

形成外科の求人数は、全体的に少ない傾向にあります。求人誌などを見てもあまり形成外科の募集を行っているのを見かけることがありません。形成外科自体があまりありませんから、求人が少ないのは当然とも言えますが …

no image

研修医が何年後かにどんな医者になりたいか考えるのは

病院で相補的な研修ができる「臨床研修病院群プロジェクト群星沖縄」という研修システム、そのほか、岩手や島根でも研修医が増えているということは、むしろ若い医者の間で、地域医療を学びたいというニーズが増えて …