雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

選ぶしかない!評判の高いDMM証券でコスト20パーセント削減可能

投稿日:2014年4月17日 更新日:

FXでは、1回の取引におけるコスト(主にスプレッド)の大小はとても重要で、できるだけ取引コストを下げないと、利益が減ってしまいます。

FXのと取引コストは、各証券会社によって様々ですが、証券会社の中には、1回の取引のコストがかなり高い証券会社もあります。

あまりFXの取引のコストが高いと、そのコストだけで、毎回損益が増え、トレードを重ねるたびに、損益が増えていきます。

ですが、現在、大変評判が高く人気のある、DMM証券でFXのトレードをすると、取引コストを最大限抑えられます。

このページでは、そんな低コストでFXのトレードができる、DMM証券について、紹介をしていこうと思います。

DMM証券とは

DMM証券は、現在、取引高が世界で2位で、20万口座以上の開設がされている、評判の高い証券会社です。

また、DMM証券は、ローラさんと清原さんが出演したCMで話題となっている証券会社で、皆さんも一度はそのCMを見たことがあるのではないでしょうか?

DMM証券のスプレッド

DMM証券は、業界最安値のスプレッドで有名ですが、DMM証券のスプレッドは原則固定で、ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.7銭、ユーロ/ドル0.6銭という、かなり低いスプレッドとなっています。

最近はどこの証券会社でもスプレッドが安く、このぐらいのスプレッドなら、他の証券会社でもよくありそうな気がしますが、DMM証券の場合、その他の通貨ペアのスプレッドもかなり低いので、複数の通貨ペアをトレードする方にとっても、かなりのコストダウンとなるはずです(全20通貨で業界最安スプレッドとなっています)。

DMM証券はずっとこのスプレッド

また、DMM証券がすごいところは、この安いスプレッドが、ずっとそのままという点です。

業界最安スプレッドを宣言している証券会社は他にもありますが、FX相場の変動により、スプレッドも変動して、スプレッドがやたら高くなる証券会社がとても多く、実際に取引をしてみると、業界最安値ではなかった場合がよくあります。

しかし、DMM証券では、スプレッドが原則固定されていますので、ずっと低スプレッドのままで取引ができ、年間トータルすると、かなりのコストダウンができてしまいます。

私自身、以前使っていた証券会社から、DMM証券に乗り換えて、年間で20パーセントものコストダウンができています。

DMM証券は完全信託保全

また、DMM証券は完全信託保全となっていて、もしもの時にも安心して取引ができます。

今やFXの安全資産運用に信託保全は必須となっていますが、信託保全とは、もしも口座を開設している証券会社が倒産してしまっても、口座に入金している自分の資金がなくなることがない仕組みのことです。

無料が多いDMM証券

またその他にも、入金や出金の手数料が無料だったり、マーケット情報や24時間のメールや電話サポートも無料で受けられますので、色々なコスト面で、低コストを実現できます。

FXでは、当然、トレードの技術が1番大切なのですが、取引コストも実はかなり重要で、どれだけコストを抑えられるかで、年間の収益がかなり違ってきますから、できるだけコストが抑えられる証券会社を選んだ方が、より勝ちトレーダーに近づくことができます。

試しにDMM証券で取り引きしてみると分かる

DMM証券は、コストの面でかなり優れていますし、国内でもトップクラスの人気を誇る証券会社ですから、一度、DMM証券で取引を行ってみてはどうでしょうか?

今、他の証券会社に口座を開設している方でも、証券口座は何口座持っていてもお金はかかりませんから、試にDMM証券に口座を開設して、トレードをしてみて下さい。

そうすれば、どれほどのコストダウンになるかが分かると思います。



一度試して、その違いを確かめてみましょう。

くりっく365を利用するメリット

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ダウ·ジョーンズ30産業平均指数は前日より25.95ポイント下がった17,043.63

ニューヨーク株式市場は5日、8月米国の雇用指標は失望に下落出発した。午前9時34分(米東部時間)現在、ダウ·ジョーンズ30産業平均指数は前日より25.95ポイント(0.15%)下がった17,043.6 …

FXトレード時の自分の感情や行動の分析

自分の感情や行動の分析をして、トレードに生かすには、トレード日記をつけるなどして、分析しないといけません。 自己分析をする場合には、頭で考えて整理してもいいのですが、頭で考えたことを、日記に書いていく …

no image

成長とインフレを促進するために超緩和的基調をしばらく続ける

ニューヨーク外国為替市場でドルは、米国連邦準備制度(Fed)の連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議ので忍耐というフレーズが削除されると予想に伴い、上昇弾力を受ける見込みだ。去る13日(米国時間)ド …

no image

ニューヨークと中国市場の流動性が急激に萎縮したトレード時間に行われた

ニューヨーク金価格は下落心理拡散に下落したが、ドルがユーロに売りを示し下げ幅が制限された。21日、ニューヨーク商品取引所で8月物、金の価格は、前日よりオンスあたり3.30ドル(0.3 %)下がった1, …

PBRで株価の底を計る

PBRは、PERと見間違いそうになりますが、PERではなく、「PBR」です。 PBR(株価純資産倍率)は、PERと共に、株の投資家の間でよく使われる指標として有名です。 PERは、割安なのか割高なのか …