雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

咽頭がんの放射線治療の副作用

投稿日:2018年9月1日 更新日:

咽頭がんの放射線治療は口腔や咽頭部はもちろんのこと、頚部のリンパ節を含めて広範に照射する必要がある。咽頭がんの放射線治療は最もつらい急性期の副作用を呈する疾患である。

放射線を二週間も照射すれば味覚が低下し、何を食べても味がしなくなる。放射線治療は一般的には他の治療法と比較して患者さんに負担の少ない治療法であるが、咽頭がんの放射線治療はかなりきつい。

味覚の回復には数年を要するし、また唾液の分泌は残念ながら完全には回復することはあまり期待できない。治療後には一〇kg前後の体重減少を見る人も珍しくない。

照射に伴う急性期の副作用は数力月後には改善するが、咽頭の粘膜炎と味覚の消失と唾液分泌の減少により、食事摂取が妨げられる。

口腔と咽頭粘膜は発赤して粘膜炎を生じる

三週間も照射すれば口腔と咽頭粘膜は発赤して粘膜炎を生じ、やけどの状態となり痛みを感じるようになる。

放射線治療で、唾液腺も同時に照射されるので、唾液の分泌が少なくなる。

咽頭がんの原因は、喫煙やアルコールや熱い食べ物などの長年の刺激が発がんに関係していると言われている。

一つのがんを治すのは容易なことではない。がんは生活習慣病という性格が強く、長年の慢性的な刺激が発がんの外的要因となる。

上咽頭がんは日本人には少ないが

上咽頭がんは日本人には少ないが、特に東南アジアや中国に多くみられる一種の風土病的な疾患である。

上咽頭がんは、喫煙やアルコールや熱い食べ物などの刺激は受けにくい部位であり、生活習慣病とは言い切れない要素はある。

世界の地域により著明に発生率の差が見られることはある。一般的に素朴で朴とつとした人やのんびりした性格の人は、放射線治療の急性期の副作用は少ないと言われているそうだ。

照射後半には嘩下時の痛みで食事ができなくなる人もしばしばである。食べられなくなると、鼻から胃に管を入れて経管栄養や中心静脈栄養で管理することになる。

こうした症状は照射が終了するまで増強していくが、それでも照射治療を続行することとなる。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

女医が結婚を機にアルバイトを探す場合に役立つサービス

女医さんが結婚をし、出産をすると、これまでのように常勤で働けなくなることがよくあります。そこで、常勤で勤務していた病院を離れ、アルバイト勤務ができる病院を探し出します。 子育てをしながら仕事ができる時 …

no image

アルツハイマー病の原因や予防法は?進行するとどうなる?

アルツハイマー病は、原因が完全に解明されていない病気で、記憶能力や思考能力が著しく低下し、悪化すると日常生活がまともに送れない状態になってしまいます。 アルツハイマー病は、高齢者に発症しやすい病気です …

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるのは、常連のA大学病院の調科医局員たち。さっきまでUくんと2人の先輩たちは高級割烹で、B製薬のプロパー(営業マン) …

no image

医師の紹介状があるかないかで料金が違うことがある-用語集

・紹介状 紹介状があるかないかで料金が違うことが多い。大学病院によっては、紹介状がないと診察してもらえない場合がある。だが問題はそんなことではない。紹介状がある患者は丁寧に診察する傾向があるのだ。大学 …

no image

喉頭がんは手術や治療で治る?原因や生存率は?検査で発見できる?

喉頭がんは、「のどぼとけ」にできたがんのことです。のどぼとけのことを「喉頭」と呼ぶので、喉頭がんとなります。 喉頭がんは、女性よりも男性に多く発症するがんで、50歳を過ぎたあたりから発症数が増える傾向 …