雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

前立腺がんと前立腺肥大症の検査など

投稿日:2018年8月26日 更新日:

前立腺の二大疾患は前立腺がんと前立腺肥大症とである。前立腺の二大疾患は、加齢により増加する。

三波春夫さんが二〇〇一年四月、前立腺がんで亡くなった。三波さんが前立腺がんと分かったのは、一九九四年一月のことである。

三波春夫さんは、笑顔を振りまき、明るい日本の未来を歌で感じさせてくれた。

戦後日本の高度経済成長の時代に、明るい日本の未来を歌で感じさせてくれた、素晴らしい人だった。三波春夫さんは、体力が衰え始めた二〇〇〇年二月まで公演を続けていた。

手術はせずに、死亡するまでの、七年三カ月間を死と向き合っておられたそうだ。歌を介した人間の出会いの素晴らしさに、神を感じた。

お客様は神様ですという、サービス精神に富んだ言葉の意味は、歌手とお客が一堂に会する劇場空間で、歓喜を呼んだ。

中年を過ぎれば、生殖器としての機能が終わり、泌尿器としての機能が中心となる。前立腺は、尿道を輪状に取り巻く小クルミ大の臓器で、前立腺液を分泌している。

泌尿器としての機能にも支障をきたしてくる

年をとれば、その泌尿器としての機能にも支障をきたしてくる。おしっこが近くなるだけでなく、尿線が細くなり、排尿もしづらくなってくる人も多い。
歳を取れば朝早く目が覚めると言うが、尿意のために早朝目が覚めるとも言えなくもない。排尿後も残尿感が残るようであれば、十分に前立腺肥大の可能性がある。

前立腺肥大は、腫大して勝脱を圧迫し頻尿となる。前立腺の外側の部位から腫脹することが一般的だ。

前立腺の二大疾患の前立腺がんは、進行しなければあまり症状を出さない。最近では、早期に発見できるようになったが、以前は見逃されやすい疾患であった。

受診した患者さんを、PSAという腫蕩マーカーを測定することにより、無症状の段階で、発見できるようになった。

排尿後に残尿感が残るというのは、六〇歳以上の男性読者の多くは、思い当たる節があるかも知れない。

患者さんにとって、最良の治療法が行われることが必須となる。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ベテラン医者が仕事を辞めたがっている

大学のOB会でビールを飲みながら、学会のランチタイムにハンバーグ定食を食べながらなど、40~50代のオジさん医者が数人集まると、あ~ぁ、辞めたいなぁと嘆いている光景をよく目にするそうです。そのうえ、時 …

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはならないものだろう。昔の医者には、大学に残って医学の研究を志すよりも、民間医療に貢献することが医者として …

no image

痔で入院した患者たちの上下関係

成人の3人に1人がかかるという痔。なんと、虫歯に次いで日本人の病気の第2位の座を獲得しているのだが、場所が場所だけに、なかなか人前で口にできる病気ではない。それだけに、ひとたび同じ病気の者が集まると、 …

no image

看護師の白衣は薄くて寒い-変な目で見ないようにしましょう

ハワイの病院では、白衣を着ているナースはいないようです。全員が私服で、ポロシャッとショートパンツやスラックス、運動会に参加するお母さんのような格好だといいます。このほうが健康的な印象です。 考えように …

no image

風邪程度で入院を勧められたら注意しましょう

医者が診断をして、入院が必要ですなどといったら、それは、重い病気であることを意味するのだろうか、と受け取ってしまいます。しかし、入院したほうが・・は医者の都合であることも。 入院がマイナスに働くことも …