雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXでは手数料とスプレッドを確認して取引しましょう

投稿日:2014年3月19日 更新日:

FXで取引を行う際には、売買手数料やスプレッドなどを確認してから、取引を行うようにしましょう。

FXの初心者からすると、手数料やスプレットというのがいまいちよく分からないと思うかもしれませんが、手数は、FXの取引を行う際に、取引業者に支払う手数料のことで、スプレットというのは、買う時の価格と、売る時の価格の差のことを指します。

実際にFXの取引を行う際に、証券会社が用意している取引ツールをダウンロードして取引を行いますが、その取引画面で通貨ペアを売り買いする際に、売り100円、買い100.1円というように表示がされているのを見ると思います。

この、「売り100円、買い100.1円」というように、売値と買値に差があることを、スプレットと言い、この場合だと、売り100円、買い100.1円で、0.1円のスプレッドがあるということになるわけです。

スプレッドは、売りと買いをセットとして考えますので、例えば、ドル/円の通貨ペアの買い値が100円で、売り値が99.9円だとすると、ドル/円を100円で買って、すぐさま売ろうとすると、99.9円でしか売ることができませんので、買った時点ですでに0.1円の損をしていることになります。

スプレットが手数料

現在では、昔と違い、FXの取引で、手数料を取られることはほとんどありませんが、スプレットはかかりますので、今のFXではスプレットが手数料というふうに考えてもいいでしょう。

FXでトレードをする際に、毎回スプレットの分の手数料が、証券会社から取られますので、できるだけスプレッドを安く抑えたほうが、コストダウンに繋がりますが、証券会社によって、スプレッドがそれぞれ違いますので、スプレッドの小さい証券会社に口座を開設して、トレードを行うことで、トレードコストを下げることができます。

ですから、スプレッドの低い証券会社を選んだ方がいいのですが、証券会社に口座を開設する場合、証券会社のホームページで、スプレッドの確認をすることができますし、FXの証券会社のスプレッドなどを一目で見ることができる、FXの比較サイトなどもあり、そういったサイトなどを利用しますと、スプレットの低い業者を、すぐに見つけることができるますので、そうやって、低いスプレットの業者を探しましょう。

また、スプレットは、いつでも同じスプレットではなく、レートが大きく動いている時には、スプレットも大きくなりますし、売り買いをする通貨ペアによっても、それぞれスプレットに差があります。

FXの初心者は、あまりスプレットの大きな通貨ペアを取り引きしないで、ドル円などのような、スプレットの小さな通貨ペアで取り引きを始めた方がいいと思いますし、指標発表のある時には、スプレットがかなり大きくなりますので、気をつけないといけません。

FX初心者の方は、FXの取引画面をよく見て、どういった時にスプレットが大きくなったり小さくなったりするのかを確認し、スプレットの動きをよく知っておいた方がいいでしょう。

FXのIFO注文は半自動的な注文方法

-FX

執筆者:

関連記事

FXのトレードの注意書きを書いて貼る

トレードの注意書きを書いて貼ると、弱点克服に使えると思います。 トレードをしていると、何であんなことをしてしまったのだろうかと、あとで後悔してしまうことはしょっちゅうあるのではないでしょうか。 間違い …

FXの証拠金とは何か?

FXの証拠金とは何でしょうか? FXを始める際には、どこかの証券会社に申し込みをして、FXの口座を開設しないといけませんが、そのFXの口座を開設したあと、実際に売買をするためにはお金を入金しないといけ …

no image

6つのTVショッピング社に大規模な課徴金制裁を下したことについて

公正取引委員会が様々な不公正行為を犯した6つのTVショッピング社に大規模な課徴金制裁を下したことについて、業界は、社会全体で批判世論が再び再燃するか、神経を尖らせている。公正取引委員会がTVショッピン …

FXは売買ルールを決めてトレードをする

FXでトレードをする際には、売買ルールを決めてトレードをすることが大事になります。 売買ルールとはどういうことかと言いますと、例えば、ロスカットルールと言って、「損切りをする損切り幅を20pips(2 …

FXでの利食いと損切りのタイミング

ベストな利食いと損切りのタイミングはどこにあるでしょうか? これは永遠のテーマといえるものですが、利食いと損切りのポイントは、トレーダーごとそれぞれにありますし、どの利食いのポイントが正解で、どの利食 …