雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

がんの5年生存率と相対生存率

投稿日:2018年8月23日 更新日:

最近の外科手術の進歩はめざましい。開胸手術をすることなく、胸腔鏡下で切除することができるのだから。胸腔鏡を入れてテレビモニターで観察しながら、手術ができる時代となった。

肋骨の間から三つの小さな穴を開け、胸腔鏡を入れてテレビモニターで観察しながら、手術ができる。

残りの二つの穴から両手の操作で腫蕩を切除する方法。開胸しないので術後の回復も早く、数日で退院可能である。

胃がんや肺がんなどの普通のがんは、五年以降の再発はまれだ。五年間再発なく生存していれば治癒したとみなすことができる。

がん治療の評価法の1つに、五年生存率という言葉が使われる。五年生存率という言葉があるが、幾つもの病気を持ち病院通いしている人が低空飛行ながらも長生きしたりする。

四〇歳でがんになった人と八〇歳でがんになった人では、がんが治っても五年生存する確率が異なる。

幾つかの生存率の統計の中でもっとも厳密な計算法は相対生存率である。これはがんにかかった患者さんの年齢を考慮して生存率を算出するものだ。

がんは五年以降の再発も見られるが

がんは五年以降の再発も見られるが、一般的には五年をメドに再発がなければひと安心なのである。しかし、乳がんのようながんだと、五年以降の再発も考えられる。

ホルモンと関係した臓器から発生したがんでは、もっとゆっくりした経過で推移することがあるからだ。

1期の喉頭がんにかかった人々の五年相対生存率は102%という報告がある。1期の肺がんでも相対生存率は100%を上回っている。

別の第二のがんが進行しないレベルで発見されて、第二のがんも克服できたり、がんにかからなかった人よりも長生きしている例も多い。

経過観察のために定期診察を受けることにより、心疾患や高血圧や糖尿病などの他の生活習慣病も管理される。

治るがんにかかった人は、がんにかからなかった人よりも長生きするという統計結果がある。

病院にかかったこともない元気な人が急死することもある。限られた体力や回復力の人間を相手にするとき、何事もほどほどにすることが、治療のコツの1つのようである。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

病気を自己診断しないで医師の判断を仰ぎましょう

受診するまでに、すでに自分で病名をつけてくる患者さんって案外いっぱいるようです。たとえばカゼをひきましたとか、貧血なんです、なんて、本人がいうと信じてしまいがちだけど、もしかすると、カゼではなくて結核 …

no image

医者と付き合う場合、待ち合わせの時間を決めるのに苦労する

救急車で運ばれてきた患者さんを譲ることは緊急を要しますから、デートよりも優先順位は上にしないといけません。しかし、医者もデートをしたいと願っています。でも、月曜日は研究会、火曜日は手術日、水曜日は夜間 …

no image

ストーカーとは?心理や特徴

ストーカー行為は、対象相手を待ちぶせしたり、乱暴や脅迫などの行為をする人のことを指す。あからさまな嫌がらせなどをしなくても、ストーカーと判断されることもある。 家に押しかけたりするのを続ければ、ストー …

no image

信頼できる医師を見つけるにはどうすればいいのか?

昔は、町の医者は患者の懐具合に合わせて医療をおこなっていたようです。患者たちは、診療代の代わりに米や野菜を持っていったものです。まさに医は仁術の時代があったわけです。年末に払えるようになるまでツケにし …

no image

医療コンサルティングの助けを借りれば最高の転職先が見つかる!

医者が転職先を探す場合、ツテを頼りに探す場合が多いようです。ただ、頼るツテがない場合には、自分の力で探さないといけなくなります。 かたっぱしから病院のホームページを見て募集を書けてないか調べ、求人誌を …