雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

おしゃれの達人になるための特効薬

投稿日:

・おしゃれのための特効薬

服を買うとき、どこで買うべきか迷ってしまいます。順序としては何を買うかの前に、どこで買うかが問題となってくるでしょう。実際に街を歩いて、店をのぞいてみることも必要です。そしてもうひとつ忘れてならないのが、友人情報。月並な表現になりますが、情報のアンテナを鋭く張っておくことが大切です。ファッション誌を立ち読みするのもひとつの方法でしょう。

知人友人のなかに、おしゃれな服を着ている男がいたなら必ず声をかけてみる。日頃、情報集めに無関心でいて、いざというとき、突然のようにおしゃれな服が買えてしまう。それはちょっと無理でしょう。そしてこの情報集めそのものがおしゃれのセンスを磨くための、有効な手段でもあるのです。ステキだね、どこで買ったんだい?と友人や知人に聞いてみましょう。

趣味の良さも重要だが体型にも注目すべき

この場合、趣味の良さも重要ですが、体型にも注目すべきです。いくら自分の好みに合っていても、体型が合わなくてはなんにもならないからです。そんなわけでおしゃれな友人は大切にしましょう。当然、店に行った場合でも必ず試着をすること。試着は何度しても構いません。気に入らなければ買わなくて結構です。つまり試着をすればするほどおしゃれな人間になれるのです。するとサイズやバランスがただちに分かるからです。その上ではじめて色柄を探せば良いのですから。試着すること自体、おしゃれのトレーニングに良い効果があります。

ファッションとは、私たちを呑み込み、理性的な決定を不可能にする何か強大な力のようなもの。いつの時代も、人々、特に女性はファッションの奴隷とみなされ、服装に関心を寄せるのです。試着をするからにはやはりそれにふさわしい着こなしで出向くべきです。おしゃれをして街を歩く。これがまたおしゃれへの特効薬となるのです。まとめのポイントとしては、普段から情報のアンテナを張り、店に行ったら必ず試着をするということです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

あなたはファッションヴィクティムになってはいないだろうか

スタイルの美しさというよりは、単なるもの珍しさやそれが漂わせるステイタスのほうにとらわれている人である。 ファッション中毒者、すなわちファッション・ヴィクティムといってまず思い浮かぶのは、奴隷のように …

no image

トップのファッションライターならまだ批判的な記事を書く余裕があるが

トップ・クラスのファッション・ライターなら、まだ批判的な記事を書く余裕がある。デザイナーへのアクセスが絶たれても、即、食い扶持に困るというわけではないからだ。つまりは、カメラのフレームの中でインタビュ …

no image

パリの女性の歩く姿勢がいい理由

べつにパリジェンヌたちが歩き方レッスンに通っているわけではないし(日本には道場すらあるらしいが)、ましてHowtowalkなんぞの本を見たことも聞いたこともない。なぜパリジェンヌはみんなかかとをけって …

no image

三つボタンが流行するまでの歴史

今のような上着の原型が完成するのは、19世紀後半のことです。そして直接のデザインとしては、軍服から市民服へと変化したものと考えられています。そういうわけで19世紀末の、初期の上着は四つボタンということ …

no image

ビジネスシューズの最初の一足の選び方

・ビジネス・シューズ、最初の一足の選び方 紐結びの形式がどうなっているかで、そのスタイルと呼び名が変わってきます。靴の甲から続いて、ごく狭い間隔で靴紐を通すスタイルが、バルモーラル。一方、靴の甲の上に …