雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

ドメスティックバイオレンスとは?その特徴や定義は?

投稿日:2018年8月23日 更新日:

ドメスティック・バイオレンス(DV)の問題が深刻化している。殴る、蹴るの身体的な暴力や性行為の無理強いなどだ。

これは力による支配と従属の関係であり、怒鳴ったり、ののしったり、脅したりするのもDVとされている。被害者は心理的な監禁状態におかれているから逃げられない。

DVの話を聞くと、そんなにひどい夫なら、早く別れればいいのにという人もいるが、恐怖で逃げることmのできなくなってしまう。

そこにいたる過程はマインド・コントロールと通じている。宗教によるマインド・コントロールは人格まで変えてしまうといわれるが、それに似ているのかもしれない。

被害者は心理的監禁の状態におかれる。主義、主張、考え方などを変えさせる洗脳。マインド・コントロールは、人の心を操ることだが、暴力やひどい言葉で、相手を意のままにコントロールしてしまうのだ。

ひどい扱いを受け続けると、自分が何をしたってダメなんだ逆らうだけムダだと思うようになっても不思議ではないだろう。

戦おうとするたびに、脅され、暴行されて力ずくでおさえ込まれる。相手の理不尽な言動に立ち向かう気力も失ってしまう。

すっかりコントロールされて逃げる気力まで失ってしまう。家庭内暴力になるが、配偶者間だけでなく恋人同士の暴力も含まれる。

相手に精神的ダメージを与える

絶対に暴力はふるわないという男性でも、暴言を吐いたことはあるかもしれないが、相手に精神的ダメージを与えるこういった行為は、許されるものではない。

お前、太ったな。みっともないぞ本当にお前はバカだななどと言うのは言葉の暴力である。これもドメスティック・バイオレンスになる。

相手に逆らおうとせず、されるがままになってしまう。逃げ出すチャンスが訪れても、試みようとしなくなる。、気づかないまま心理的に監禁された状態になってしまう。

被害者が学習性無力感に陥るためだ。無力感を学習してしまう。経済的な要素がなくても心理的監禁は成り立つ。生活の自由を奪い、暴力をふるわれるという恐怖感を植えつけることでコントロールしてしまう。

長期にわたって肉体的、精神的、経済的な暴力にさらされ続けると、人間の精神は崩壊していく。専業主婦の妻に生活費を渡さないといったケースも見られる。相手を孤立させ、家族や友人に会わせず、外出も制限するなど社会的に隔離したりする。

もしも暴力夫から逃げられたとしても、心理的に大きなダメージを受け、後遺症に悩まされるケースも少なくない。

絶対にこのような行為は許されるものではない、もしもこのような行為をしているのであれば、今すぐにやめるべきだ。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

大学病院の医師がアルバイトを探すときに役立つ会社

大学病院の医師は、年収が少ないようです。ですので、生活費を稼ぐために、アルバイトをしている先生も多いといいます。 もしも大学病院に勤められていて、アルバイト勤務もしたいと思っているのであれば、医師アル …

no image

知っておきたい!認定施設求人が見つかる医師転職サービス

病院のホームページなどを見ていますと、認定施設であることをアピールしているのをよく見かけます。認定を受けているのと受けていないのでは、大きな違いがあるようですが、そんな学会の認定を受けている施設へ転職 …

no image

医師への謝礼の相場はいくら?

主任教授が医局員に私の知り合いだからと優先的に入院させるように言ったら、医局員はそれに逆らうことはできない。入院の優先順位は非常に大きな問題でもある。とくに大学病院では入院待ちで順番を待っている患者が …

no image

トラウマの原因やその症状

トラウマは、心に傷を負った体験。トラウマを日本語にすると心的外傷、心的外傷体験となる。いわゆる心の傷である。 精神的に大きな衝撃を受けると、目に見えない心の傷が残りやす。笑い搬ばせるような体験はトラウ …

no image

進行ガンの意味-最近では患者に告知するケースが増えてきたが

・進行ガン 進行ガンの人にガン告知をする場合は、早期ガンだから大丈夫ですという言い方をするのが普通だ。もっとも、最近では患者にガンを告知するケースが増えてきたが、それでも告知率は多くはない。医者がシン …