雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの口座には色々な種類があります

投稿日:2014年3月8日 更新日:

FXを始めるためには、証券会社に口座を開設しないといけませんが、FXの口座は、個人向けの口座だけではなく、色々な種類の口座があります。

証券会社のFXの口座の種類には、個人投資家の方たちが利用する、個人口座と呼ばれる、個人向けの口座があり、個人口座が、証券会社の中でも、一番多く、最も一般に知られている口座となります。

個人向け口座は、レバレッジの規制がありますが、口座の維持費が無料ですので、FXのトレードをしていない時にお金を取られることなどがありませんから、お金をかけないでFXの取引ができます。

また、個人向け口座以外にも、法人口座というものもあり、法人口座は、会社向けの口座となります。

法人向けの口座は、個人向けの口座とは違い、高いレバレッジでトレードを行うことができ、また、法人ということで、経費として落とせる費用が増えますし、赤字を繰り越せたりできますが、個人向け口座と違い維持費がかかります。

あと、MT4口座というものもあり、MT4(メタトレーダー4)という、FXの投資家の間で人気の高いチャートソフトを使える、専用口座となります(MT4は、とても優秀なチャートソフトで、FXを始める方なら、ぜひ使うことをおすすめしたいチャートソフトです)。

MT4は、自動売買(システムトレード)をする際に、自動売買のプログラムを使用できたり、様々なトレード指標をダウンロードできたりしますので、MT4口座を開設するメリットはかなりあると思います。

初心者には馴染みのないプロ口座もあります

また、個人トレーダーには、なかなか馴染みのない口座にはなりますが、プロ口座というものもあり、プロ口座は、大口の取引をする投資家向けの口座となっています。

FXで大きな取引量で取引を行うことを、大口の取引と言い、プロ口座では、最低取引量が大きくなりますが、コスト面で優遇(低コスト)がされるようになります。

FXでは、こういった色々な口座があり、それぞれの用途に応じて、それらの口座を開設していきますが、これからFXを始めようと思っている、FX初心者の方であれば、個人口座かMT4口座のどちらかの口座を開設することになるでしょう。

そして、MT4口座は、あまりFXの初心者には知られていませんし、チャートを活用しないトレーダーなどには、MT4は必要のないものですので、ほとんどの個人投資家は、個人口座を開設して取引を始めています。

FXの個人口座を開設する場合には、数十ある証券会社の中からどれか1つの会社を選んで口座を開設することになりますが、インターネット上に、各証券会社のホームページがありますし、証券会社のランキングを掲載しているサイトなどもありますから、そういったサイトなどを参考にして、開設する口座を選ぶといいでしょう。

証券会社によって、手数料や取引ができる通貨ペアなどが違いますので、できるだけ手数料が安く、ネットの評判の良い証券会社を選べば、それほど失敗することなく、口座を開設できるのではないかと思います。

FXの安全資産運用に信託保全は必須

-FX

執筆者:

関連記事

no image

日本で国会の早期解散と12月の総選挙のシナリオが拡散

円は日本の政治的不安定の懸念とヨーロッパの株式市場の上昇は、米ドルとユーロに下落した。連合のポメクス(6411)によると、11日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= …

FXトレード時の自分の感情や行動の分析

自分の感情や行動の分析をして、トレードに生かすには、トレード日記をつけるなどして、分析しないといけません。 自己分析をする場合には、頭で考えて整理してもいいのですが、頭で考えたことを、日記に書いていく …

為替のブルームバーグとは?

為替のブルームバーグとは、情報端末の名前が有名な会社で、通常、Bloombergのアプリケーションがパソコンにインストールされていて、そのアプリケーションで色々なことができます。 ブルームバーグの知名 …

酒田五法の底と天井のチャートパターン

酒田五法には、底と天井のサインがあります。 底と天井のサインのうちの1つが、「三川」です。 三川は、トリプルボトムとも言われる、下落相場で3回底を打つ状態のことを言います。 3回底を打つと言う意味は、 …

ボリンジャーバンドでFXトレード

ボリンジャーバンドは、FXでトレードをするのに、大変役に立つテクニカル指標です。 ボリンジャーバンドの見かたが分かれば、レートのその後の動きを予想しやすくなります。 ボリンジャーバンドは、順張りと逆張 …