雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

小児期発症型の行為障害の問題点や改善方法

投稿日:2018年8月21日 更新日:

小児期発症型の行為障害では、大人になってからも問題が起きやすく、反社会的人格障害にいたりやすいといわれる。

小児期発症型の行為障害では、攻撃的な行動が見られ、とくに男児に多い。子供の時から夜遊びをしたり、暴力を平気で振るったりする。

健全に成長できる環境になかった場合には、行為障害が起こりやすいと見られている。殴る蹴るの暴行や養育放棄といった虐待を受けている場合に、こういった行動を起こすことがあるという。

小児期発症型の行為障害の子供は、親に対して挑発的で反抗的な態度を続け流ことが多い。いわゆる非行と見なされる行動をするのもサインとなる。

夜遊び、無断外泊、家出、無断欠席、万引きなど、非行に走ってしまう。ウソをついたり、盗みをしたり、ルールを守らないということもある。

放火したり、人のものを壊したりすることもある。親がいつも喧嘩ばかりしていると、その子供が影響を受け、暴力性が高まるというケースもある。

行為障害の特徴は色々

人や動物を直接的に攻撃することばかりではない。行為障害の特徴は色々とある。小さい頃の家庭環境と関連があるとする見方が強い。

成人してからも社会のルールを無視し続け、無責任に人を攻撃したりすることがよくある。そして、反社会的な人間と関わるようになってしまうと、さらに凶悪性が上がってしまう。

だましたりする行動が続くと、反社会性人格障害が疑われるようになる。15歳以前に行為障害がある場合は、専門家に相談をしたほうがいいだろう。

大人になっても改善しない場合、ウソばかり並べ立て、人を利用して悪いことをするようになるケースもあり、若いうちに改善できないと危険なこともある。

小児期発症型の行為障害が疑わしい場合は、精神科クリニックを受診されることをおすすめする。

薬の服用などで改善されることも多いので、自分ひとりで抱え込まないで先生に相談をしよう。病院だけではなく、支援施設などを利用してもいいと思う。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

簡単に見つかる!一般内科の求人をたくさんチェックできるサイト

現在、日本国内には、内科医がかなりいます。日本の医師の3分の1は内科医であると言われていて、外科やその他の科の医師よりも圧倒的に多いようです。これほど内科医が多いということは、求人を探す場合は、苦労し …

no image

医学専門誌ならではの広告

どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医も同じ。そこで、どこの開業医も頭を悩ますのが、跡継ぎ問題である。たとえばこんな話がある。S内科は開業して12年、ようやく経営も安定したとこ …

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の目で、顔立ちは松平健風、おまけに性格も気さくなので看護婦や女子職員にも好かれている人物である。背が高 …

no image

大学病院の専門医が生き残る手段だという発想について

専門医が、大学病院で生き残る手段だという発想が、すでに現状の医療とは違ってきているのではないだろうか。医者はみな専門家になるべく、波々としているが、実際にどれだけ専門医が必要かどうかという調査もなく、 …

no image

暴力を振るった時の記憶がなくなることがある

犯行のあとで、本当に何もなかったように思えてくるというケースがある。心理的に耐え難い出来事が起こった時に、記憶として抑圧することで、本当に何もなかったように思えてくることがあるという。 記憶として抑圧 …