雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

子供の残酷行為と行為障害

投稿日:2018年8月21日 更新日:

少年が凶悪な事件を起こしているのを、ニュースで見ることがある。少年が凶悪殺人を犯すと、以前から猫や犬を虐待していたといった過去が明らかにされたものだ。

こういったケースでは、行為障害と診断されるケースが少なくない。だが、昔から子どもはトンボやバッタなどにいたずらをして遊んだものだから、その判断は難しいと思われる。

子どもが小動物をいじめるのは非常に危険なサインのように思われがちだが、子どもが小動物をいじめることはよくあるから難しい。

動物への残酷行為は、バットやナイフといつた武器の使用、人の身体的虐待や脅迫、などと並んで挙げられている。

アメリカでも、動物への残酷行為は問題視されているようだ。人や動物への攻撃、所有物の破壊、ウソや盗みなどの傾向がある。

一度だけでなく繰り返し反社会的行為を起こしているかが慎重に見極められる。行為障害の診断基準規則違反など。

10歳まで発症しない青年期発症型は攻撃性が弱く、一過性の場合も多いと見られているが、危険な兆候である場合もある。

反社会的で攻撃的な行動パターンを示すとき

小児期発症型は、行為障害の診断基準に挙げられているものが、10歳になるまでに、ひとつ以上発症することをいうが、10歳になるまでに、危険な兆候が見れることは多いという。

反社会的で攻撃的な行動パターンを示すときは、行為障害が疑われる。動物をいじめたからといって、将来、殺人者になると恐れるのは早計だろうが。

子どもがよくやるいたずらの範時から大きくはずれていたら、危険なサインかもしれない。極端に残酷な行為を繰り返したような場合は、気をつけて監視したほうがいいかもしれない。

問題なのは、その年齢にふさわしい社会のモラルを無視しているかどうかだ。罪悪感が欠如する原因としては何らかの精神病理や脳の障害が考えられるからだ。

自分自身の道徳観や良心に照らし合わせ、悪いと判断するのが普通だ。罪悪感の欠如があると、悪いことをして罪悪感を抱く気持ちがなく、危険な犯罪を起こしかねないのである。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

キャンサーは英語で癌のことを指す-その他いろいろな用語も紹介

・キャンサー たとえば肺ガンならば、Lungcaというように、Caと略して使う。なお、カルシウムもcaと略すので、混同しないように。ちょっと英語ができる人なら、ガンのことを英語でcancerということ …

no image

PTSDとは?その原因や症状は?戦争の悲劇

ショック体験後に起きるストレス障害PTSDとはPostTraumat一cStressDisorderの略である。ストレス障害PTSDという言葉は、テレビなどで使われることもあり、聞いたことがあり人は多 …

no image

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理となるのだが、総合病院だけに、その枚数はムチャクチャな量になる。夏、O病院にまたパニックの季節がやって …

no image

2009年のインフルエンザH1N1の発生理由

インフルエンザウイルスにはいくつも種類があります。インフルエンザウイルスにはいくつも種類があり、トリ、ブタ、ウマ、クジラなどにも感染するウイルスがあります。 インフルエンザウイルスは、新たな遺伝子の組 …

no image

オタクの心理と社会的生活への支障

中年男性が、昔懐かしいアニメに熱をあげることが多い。アニメやマンガは国民的文化となりつつあるが、熱の入れ方が度を越すと変わり者扱いされる オタクじゃないよと自己弁護したくなるかもしれない。しかし時には …