雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

子供に虐待をする親の心理や気持ち

投稿日:2018年8月21日 更新日:

子供に虐待をする親はどういう心理状態で暴力を振るうのだろうか。「可愛いわが子に暴力を振るうなんて信じられない」と思う親の方がほとんどだと思うが、虐待をしてしまう親は、無意識にそうなってしまっているようだ。

暴力をふるう父親に育てられた女性が、似たような男性と結婚するというケースはよく聞く。求めているつもりはないのに、何故かそうなってしまうようだ。

その結果、酔った夫から殴られたり、蹴られたりすることになる。夫の暴力が子どもにまで向けられる場合もある。

また、たちが悪い事に、妻本人まで虐待を加える側になる場合もある。こうなるともう最悪だ。どうしようもない。

理解しがたい状況だが、これは、自分自身への攻撃でもあり、同一化した親への攻撃ともなるのだ。

自分を投影した子どもを攻撃することは、それによって、トラウマを癒そうとすることなのである。

悪いイメージを子どもに投影し、自分を親と同一化して虐待が行われてしまう。自分の心の内面を他人のものとしてしまう。

親から拒否された体験が影響

好ましくない性質や考え方などを、他人に映し出して見ている。自覚のないままに。

親から拒否された体験が影響し、さらに自己イメージが悪くなっていく。子どもが言うことを聞かなかったりすると、拒否されたと捉える。

子どもの頃の体験を無意識のうちに反復することを、反復強迫というが、虐待では、この反復強迫という心理が働いているのではないかと考えられている。

強迫神経症は、強い強迫観念にとらわれる神経症だが、反復強迫の度がすぎると、強迫神経症につながる場合がある。

自分でも不合理だとわかっているのだが、抑えられなくなる。考えや行動が頭から離れなくなる。自分から悪循環にはまり込んでいるようなものだなどと思うかもしれないが、こういったことはよくあるのである。

人は恋人や配偶者との間で、親との関係を繰り返しやすい。だから、無意識のうちに虐待は繰り返されてしまうのである。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があります。中年になると腕も太くなるのが、女性の悩みです。ところが、腕の太さにつられて血管は太くなるかとい …

no image

すぐ探したいと思っているケアミックスの先生のための求人サービス

近年、ケアミックスの形態を持つ施設が増えてきています。これからが期待できるケアミックスの施設ですが、ケアミックスの施設の求人はかなり多くなってきています。ただ、求人誌などでケアミックスの求人を探すと、 …

no image

看護職の仕事はどう変わる?-活躍する場は広がってくるが問題も多い

高齢者の在宅医療を進めていこうとするこれからの医療では、医者より看護婦が活躍する場は広がってくる。そこには独立して仕事ができる場もある。医者から干渉されない専門の仕事ができれば、看護婦も開業という大き …

no image

転職したい乳腺外科のドクターのお役立ちサービスを紹介

乳腺外科では、手術ができる医師であればもちろんいいのですが、手術ができない医師でも、病院側からのニーズはあります。ただ、やはり、乳がん検診から手術までできる医師は好まれるのは確かでしょう。 乳腺外科は …

no image

優秀な研究者は日本人であっても優遇される

東大医学部で、アメリカで優秀な研究者だった人がいるが、日本の研究所に入る際に、外国の研究資料を持ち出した疑いでスパイで訴えられたくらいだった。山中氏のように、日本でいい研究ができないわけではないだろう …