雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

我慢しないで愚痴を言ってストレス発散をすることが大事

投稿日:2018年8月20日 更新日:

怒りなどがたまったときには、どこかでガス抜きをしないと精神的によくない。そのまま畿屈した感情をため込んでいると、心身のバランスを損ねるおそれがある。

友だちに愚痴をきいてもらってすっきりしたそんな経験は、誰にでもあるだろう。不満や不安はどこかで吐き出すべきである。

これは大人に限った話ではなく、子どもでも同じである。学校の人間関係がうまくいかずにイライラしてたけど、親に本音を言えない子どももたくさんいる。

ときに吐き出して、カタルシスを得ることが必要だ。心の底にたまったものは、定期的に吐き出す必要がある。

子どもは弱音を吐くのをためらい、心の中にため込んでしまう。親が我慢するように叱ったりすると、素っ気ない態度をとったりするのはよくない。

子どもを育てる家庭の機能は低下している。子どもがモヤモヤした感情や不安、不満を表現しようとしたときに、うまくできない。

この問題は少年非行の増加と関連づけられて論じられることが多い。

催眠状態の患者が心情を吐き出すと症状が軽減

催眠状態の患者が心情を吐き出すと症状が軽減することがある。ヒステリーの治療だ。カタルシスとは、もともとは浄化排池という意味だが、心情を吐き出すことは非常に大事である。

思いを押し込めたままにすると、心の底にたまって心身に悪影響をおよぼすようになる。子どもたちは大きな不安を抱えている。

社会の急速な変化と無力な大人を見ている。心のしこりを排出し、緊張をほぐすということは必要だ。無意識の中に抑圧された体験などを言葉にして表に出すことで、心が楽になる。

親に勉強しなさいと言われても、いい学校を出ていい会社に入れば安泰という時代ではない。親は子供がもし不満を口にしても、非難せず、受け入れるようにしたほうがいいのかもしれない。

子どもは成長という大仕事に取り組んでいるが、それを取り巻く環境はいいとは言えない。弱音を吐かないよい子は、いつしか追いつめられていく。

弱音を吐いたほうが、カタルシスの効果が得られやすい。子どもがすっきりできるようにする環境をつくることが大事である。

親や周囲の大人は本音が言える関係を作る必要があるだろう。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

女性への興味、願望を抑圧する男性の心理

ときどき何人もの女性をはべらせて集団生活を送る男性が、マスコミに取り上げられる。こういった男性は、日本では女性から非難される的となるが、うらやましく思う男性は日本でも少なくないだろう。 日本では一夫多 …

no image

実習をやっていない人間が外科医になるのは現代の怪なのか

よく、頭でっかちの医者は患者さんの心がわからないなどと言われる。「解剖のテストは満点だが、実習をやっていない人間が外科医になるのは、現代の怪だ」と断じた評論家がいた。しかし、実習はサボっていたが解剖の …

no image

医者との会話で患者が傷ついたり不快な気持ちになった言葉集

患者が不快な気分になった、医者の言葉や体験談を、色々と紹介しよう。 ・朝になったら、必ず、かかりつけの病院に行ってくださいね。とりあえず、痛み止めの薬をお出ししておきますから。 なんだ、救急病院っての …

no image

女医さんが転職をする場合に利用したいサービス

女医さんが転職を考え、求人を探す場合、結婚を射て子供が生まれたときに、転職を考えることがよくあります。また、結婚、出産だけではなく、単純に職場が嫌になって転職を考える女医さんもいます。 もしも転職を考 …

no image

病院内で事故が起こることもありえるので注意しましょう

病院内は安全な場所っていうイメージがあるのに、実際は危険も多いんです。病院内の交通事情は不良です。気をつけよう院内廊下で事故多発、一人ひとり移動には安全第一を心がけましょう。まるで笑い話のようだけれど …