雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

自己臭恐怖症とは?症状や治療方法は?

投稿日:2018年8月20日 更新日:

自己臭恐怖症は、自分のにおいで、他人を不快な気持ちにさせているのではないかと、異常なほど気にする病気です。

元々においに過敏であったり、過去に誰かに臭いと言われてしまったことで自己臭恐怖症になってしまうケースがある。

自分のにおいは恥ずかしい、消すべきものだと思っている人に多い。においは体のいたるところを気にし、汗臭、おなら、わきが、口臭など、とにかく自分が発するにおいが気になるようになる。

極度に自分のにおいを気にするようになり、乗り物や会社、学校など、人前に出るのが恐くなり外出できなくなる場合もある。

人に迷惑をかけているとおそれ、自分の体臭、口臭、おならなどがくさくて、他人が自分のことをくさいと思っていると勘違いしてしまう。

少しでも他人が自分を避けるような仕草をすると深く傷ついてしまう。本当は臭いと思われていなくても、臭いと思っていると思いこんでしまう。

臭くないと言ってくれているだけだ

いくら家族や友人が全然におわないと言っても、どうしても本人は納得しない。気を使って、臭くないと言ってくれているだけだと思いこむ。

電車に乗って座っていたときに、隣りにいた人が席を移動したら、自分が臭いからだと思いこんでしまう。

隣りにいた人が席を移動したからといって、たいていの人は気にしないだろうが、自己臭恐怖症の人の場合は、自分が臭いからだと思いこんでしまう。

電車に乗っていて、自分のそばにいる人が窓を開けたり、鼻を手で覆ったりした場合も同様だ。

他人のちょっとした行動も自分のにおいのせいだと考えてしまう。こんな状態になってしまったら、精神科の医師に相談することをおすすめする。

精神科で処方された薬の服用をすることで、症状が緩和されることがあるし、精神科の医師に相談をすることで、気持ちが楽になるだろう。

まずは、口臭や体臭などは、自然なものだと受け入れるのが先決だとされる。体臭や口臭は誰にでもある。あなただけではなく、誰もが口臭や体臭はあるのである。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医師はモテると世間で見られがちだが

世間では医者はモテると思われているようだが、検査技師Nさんは、31歳の独身。キリリと太い眉に切れ長の目で、顔立ちは松平健風、おまけに性格も気さくなので看護婦や女子職員にも好かれている人物である。背が高 …

no image

研究、教育、診療の3つをうまくやっていくことは不可能という意見

学会発表の内容は学会レベルではチェックするが、第三者機関でチェックするようなことはない。同じような学会で発表した内容でも、誰もとがめることはない。専門分野が同じであれば、同じような学会に同席している可 …

no image

医者に必要な能力は少ないが親切な場合には気をつける

親切で能力のない医者につかまらないための提案を、いくつかしたいと思います。 ・患者離れがいいか? 他の医療機関に行きたいのことに対しては専門医を紹介してくれるかなどは、どんなお医者さんかを見極めるポイ …

no image

アレルギー性鼻炎の症状は?原因は?薬で治らない?手術は?

アレルギー性鼻炎は、風邪をひいていないのに、鼻水やくしゃみがひどくなる症状が出る鼻炎です。 アレルギー性鼻炎は、1年中症状が出るタイプと、ある季節だけ症状が出るタイプがあります。 1年中症状が出るタイ …

no image

キャリアエージェント会社を利用すれば病院をやめて次に進める

医者の仕事は、激務である場合が多いものです。激務が多く、休みが少ないことが多く、だんだんとそんな状態から解放されたいと思うようになり、「病院を辞めてしまいたい」と思う医師も多くいます。連続勤務で、週休 …