雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXで使いやすいオーサムオシレーター

投稿日:2014年2月24日 更新日:

オーサムオシレーターは、比較的初心者にも分かりやすいオシレーターと言われていますが、あまり有名ではなく、ネットのFXサイトやFX関連の書籍でも、あまり見かけません。

日本ではカオスオシレーターなどとも呼ばれていますが、オーサムオシレーターは、ストキャスティックスと同じように、相場の売りが多かったり、買いが多い状態を分析することができるオシレーターとなっています。

あまり有名なオシレーターではないので、証券会社のチャートに搭載されていないかもしれませんが、MT4のインジケーターダウンロードサイトからダウンロードすることはできますので、MT4をお使いの方なら、使えるようになると思います。

オシレーターの見かたやサイン

オーサムオシレーターの、棒グラフの赤い線が相場が上昇をしていることを示していて、また、棒グラフの青い線が相場が下降をしていることを示していますが、オーサムオシレーターの0の目盛(目盛の真ん中)を中心にして、0の位置よりもオシレーターの棒グラフが上に行くほどアップトレンド、下に行くほどダウントレンドを示していると見ることができます。

また、オーサムオシレーターを使って売買サインとを確認する場合には、0の位置よりも棒グラフが下の位置にある時に、0を上に超えていった時が、買いエントリーを仕掛けるサインとなり、0の位置よりも棒グラフが上の位置にある時に、0を下に下がっていった時が、売りエントリーを仕掛けるサインとなります。

あと、0の位置よりも棒グラフが下の位置にある時に、0を上に超えていこうとしたが、越えられずにまた下がった場合には、売りエントリーを仕掛けるサインとなり、0の位置よりも棒グラフが上の位置にある時に、0を下に下がっていこうとしたが、下がりきらずにまた上がった場合には、買いエントリーを仕掛けるサインとなります。

オーサムオシレーターは、それほど精度が高いオシレーターではありませんので、このオシレーターを単体で使ってトレードをするのはおすすめできません(もう1つか2つ、別のオシレーターを併用して使うといいでしょう)。

FXでウィリアムズ%Rはレンジに強い

-FX

執筆者:

関連記事

FXにイチロー選手のルーチンへのこだわりを取り入れる

大リーガーイチロー選手のルーチンへのこだわりについて。 今や誰もが知っている、日本が誇る大リーガーのイチロー選手は、ルーチンというものにこだわって野球をしているそうです。 ルーチンとは、決まりきった手 …

FXトレードでリスクを受け入れた人は冷静

リスクを受け入れた人は冷静で、受け入れていない人は感情的になります。 FXで勝つためには、過去のチャートの動きの傾向を調べて、勝つ確率の高いところだけをピンポイントに狙ってトレードしていって、トータル …

出来高とは株の成約数

出来高とは株の成約数で、株の売買が成立した数量になります。 出来高は、株の売買が成立した数量ですので、例えば、ある銘柄を買いたい人と、ある銘柄を売りたい人が、合計で3000株売買をした場合、出来高が3 …

FXでは暴落がチャンスになる!?

投資の世界では、大暴落いうと、恐ろしいイメージがあり、大損をするイメージがあると思います。 しかし、FXでは、「売ってから買い戻す」という、ショートでのポジションを持つことができるため、大暴落により、 …

FXで通貨の強弱で相場を見る方法

通貨の強弱で相場を見る方法があります。 例えば、ドルと、円と、ユーロの3つの通貨の中で、今現在、どの通貨が一番強いのかを見るために、まず(順番はどうでもいいですが)、「ドル/円」の移動平均線が、上昇し …