雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

グランビルの法則の勝率の上がる方法

投稿日:2014年2月21日 更新日:

グランビルの法則で、勝てるようになる見かたは、どういったものになるのでしょうか。

グランビルの法則について詳しくは、グランビルの法則でエントリーの記事を参照していただくとして、グランビルの法則は、移動平均線にローソク足がどう差し掛かったかによって、エントリーのタイミングを計りますが、肝心の移動平均線の期間については、明確にはなってはいないのではないかと思います。

グランビルの法則も、どの期間の移動平均線を使うかによって、全く違うものになるでしょうし、移動平均線の期間を短くしたらエントリー回数は増えますが、負けが多くなるでしょうし、移動平均線の期間を長くしたら、エントリー回数は減ります。

恐らく、多くの人が、グランビルの法則での、移動平均線の期間は、20日か21日の移動平均線を想像されると思いますが、意外なことに、200日移動平均線を使ったグランビルの法則が、一番有用だという話があります。

グランビル本人が、200日移動平均線を信用している

というのも、グランビルの法則を開発した、グランビル本人が、200日移動平均線を一番信用しているようですし、実際にチャートを見ていても、200日移動平均線で、反発していることは多いような気がします。

また、グランビルの法則は、少しあいまいな部分もあり、エントリーの際に、グランビルの法則にぴったり当てはまっているのか、微妙な場合が多く、判断に迷うことがあると思いますが、グランビルの法則の中で、一度移動平均線をローソク足が下に抜けた後に、また、もう一度移動平均線をローソク足が上に抜けたところでエントリーする法則と、一度移動平均線をローソク足が上に抜けた後に、また、もう一度移動平均線をローソク足が下に抜けたところでエントリーする法則については、明確なエントリーサインとなりますので、信頼性が高いと言われています。

ですから、これら2つをまとめて、一度200日移動平均線をローソク足が下に抜けた後に、また、もう一度200日移動平均線をローソク足が上に抜けたところでエントリーするか、一度200日移動平均線をローソク足が上に抜けた後に、また、もう一度200日移動平均線をローソク足が下に抜けたところでエントリーすれば、精度の高いトレードができるのではないでしょうか。

為替の現役プロトレーダーを育成するプログラム

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ハト派の懸念は、なだめるようタカ派は奨励するバランスのとれた姿を見せた

ジャネットイェルロン米国連邦準備制度(Fed)議長のジャクソンホール講演はハト派の懸念は、なだめるようタカ派は奨励するバランスのとれた姿を見せたとCNBC放送が22日(米国時間)の診断した。イェルロン …

no image

5新興国が時には他の国よりも脆弱性の兆候がより少ない時があると分析

「プレジャ日ファイブ(Fragile Five。5台脆弱通貨)」に分類されている国の通貨が米国の金利引き上げ時最も脆弱ないこと診断が出てきた。国際格付け会社フィッチは17日(米国時間)、「米国の金利引 …

no image

石油輸出国機構の石油相会合を翌日に控え下落

ニューヨーク原油価格は、石油輸出国機構(OPEC)の石油相会合を翌日に控え下落した。4日、ニューヨーク·マーカンタイル取引所で7月物西部テキサス産原油(WTI)の価格は、前日よりバレル1.64ドル(2 …

FXでの長期保有時の2つのリスクについて

FXでポジションを長期保有した際に、リスクが高まります。 ポジションを長期的に保有すると、スワップ金利などにより、利益を得れるというメリットはありますが、必ずしもメリットばかりではありません。 このペ …

no image

イラクから地政学的不安定性を相殺することにより上昇

ニューヨーク株式市場は、8日ウクライナ地政学的不安定を緩和する見込みがイラクから地政学的不安定性を相殺することにより、上昇を開始した。午前9時36分(米東部時間)現在、ダウ·ジョーンズ30産業平均指数 …