雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

グランビルの法則の勝率の上がる方法

投稿日:2014年2月21日 更新日:

グランビルの法則で、勝てるようになる見かたは、どういったものになるのでしょうか。

グランビルの法則について詳しくは、グランビルの法則でエントリーの記事を参照していただくとして、グランビルの法則は、移動平均線にローソク足がどう差し掛かったかによって、エントリーのタイミングを計りますが、肝心の移動平均線の期間については、明確にはなってはいないのではないかと思います。

グランビルの法則も、どの期間の移動平均線を使うかによって、全く違うものになるでしょうし、移動平均線の期間を短くしたらエントリー回数は増えますが、負けが多くなるでしょうし、移動平均線の期間を長くしたら、エントリー回数は減ります。

恐らく、多くの人が、グランビルの法則での、移動平均線の期間は、20日か21日の移動平均線を想像されると思いますが、意外なことに、200日移動平均線を使ったグランビルの法則が、一番有用だという話があります。

グランビル本人が、200日移動平均線を信用している

というのも、グランビルの法則を開発した、グランビル本人が、200日移動平均線を一番信用しているようですし、実際にチャートを見ていても、200日移動平均線で、反発していることは多いような気がします。

また、グランビルの法則は、少しあいまいな部分もあり、エントリーの際に、グランビルの法則にぴったり当てはまっているのか、微妙な場合が多く、判断に迷うことがあると思いますが、グランビルの法則の中で、一度移動平均線をローソク足が下に抜けた後に、また、もう一度移動平均線をローソク足が上に抜けたところでエントリーする法則と、一度移動平均線をローソク足が上に抜けた後に、また、もう一度移動平均線をローソク足が下に抜けたところでエントリーする法則については、明確なエントリーサインとなりますので、信頼性が高いと言われています。

ですから、これら2つをまとめて、一度200日移動平均線をローソク足が下に抜けた後に、また、もう一度200日移動平均線をローソク足が上に抜けたところでエントリーするか、一度200日移動平均線をローソク足が上に抜けた後に、また、もう一度200日移動平均線をローソク足が下に抜けたところでエントリーすれば、精度の高いトレードができるのではないでしょうか。

為替の現役プロトレーダーを育成するプログラム

-FX

執筆者:

関連記事

no image

国内ファンドの運用資産が800兆ウォン規模に成長したが

国内ファンドの運用資産が800兆ウォン規模に成長したが、公募ファンド市場は停滞していることが分かった。国内の株式市場が上昇し、ファンドの買い戻し要求が急増したうえ、直接投資の需要が増えたためある。1日 …

no image

中東から地政学的に不安定とニューヨーク証券取引所安などで上昇

米国債価格は、中東から地政学的に不安定とニューヨーク証券取引所安、国債入札の需要好調などで上昇した。ウォールストリート·ジャーナル(WSJ) -チュルレトプレ本によると、23日のニューヨーク債券市場で …

コスピ指数-世界の株式市場がラリーを繰り広げている

米国のダウ·ジョーンズ指数が史上最高値を更新するなど、世界の株式市場が3月に入ってラリーを繰り広げている米国発薫風に力づけられてバクスグォン脱出を期待することができるという楽観論もあるが、低迷し景気回 …

no image

チェ·ギョンファン経済副首相兼企画財政部長官の発言

チェ·ギョンファン経済副首相兼企画財政部長官が世界的な景気回復のために、各国が国別の状況に合った、創造的で果敢な「成長に配慮し、拡張政策」が必要であると明らかにした。チェ副首相は10日米国ワシントンD …

no image

ECBの金融政策決定が効果を発揮

欧州中央銀行(ECB)の経済見通しは楽観的であったが、ユーロ圏はまだ行く道が遠いとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が6日(米国時間)と診断した。マリオ·ドラギECB総裁は前日金融政策会議の後 …