雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ボリンジャーに似ているケルトナーチャネル

投稿日:2014年2月19日 更新日:

ケルトナーチャネルは、ボリンジャーに見た目が似ているテクニカル指標で、トレンドの把握や、逆張りトレードなどに使うことができます。

真ん中のラインを軸に、上下に1本ずつラインがあり、合計で3本のラインによってチャート分析ができるケルトナーチャネルは、ボリンジャーバンドと見た目が似ているのですが、その使い方は、ボリンジャーバンドとは少し異なります。

ケルトナーチャネルは、そのラインの角度によって、トレンドの強弱を判断したり、ラインタッチによる逆張りといった、ボリンジャーバンドと同じ見方もできますが、それ以外にも色々な使い方があります。

ケルトナーチャネルは、センターラインを中心に、センターラインより上にあるラインが、アッパーバンドと呼ばれるラインで、センターラインより下にあるラインが、ローワーバンドと呼ばれるラインで、ローソク足がアッパーバンドを上方向に抜けると、上昇の勢いが強いことが分かり、また、ローソク足がローワーバンドを下方向に抜けると、下降の勢いが強いことが分かります。

エントリーサイン

そして、ローソク足がアッパーバンドを上方向に抜けた場合に、センターラインが下値支持線となり、また、ローソク足がローワーバンドを下方向に抜けた場合に、センターラインが上値支持線となります(センターラインで決済の判断もできます)。

また、ケルトナーチャネルを使って、エントリータイミングを計る場合、レンジ相場で、アッパーバンドにローソク足がタッチしたら売りエントリーのサインとなり、ローワーバンドローソク足がタッチしたら買いエントリーのサインとなります。

そして、トレンドが発生している場合に、ローソク足がアッパーバンドを上方向に抜けた場合に、買いエントリーのサインとなり、また、ローソク足がローワーバンドを下方向に抜けた場合に、売りエントリーのサインとなります。

また、センターライン上抜けで買いエントリーサイン、センターライン下抜けで売りエントリーサインと見ることもできますが、センターライン上抜け、下抜けは、あまり精度が高くないと思います。

為替の究極のアルティメットオシレーター

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ハンファは雇用創出規模を上半期の2倍近く拡大することにしたと明らかに

ハンファグループは、雇用創出規模を上半期の2倍近く拡大することにしたと2日明らかにした。ハンファは上半期(2千958人)に比べ2千771人増の5000 729人の従業員今年下半期採用する計画だ。201 …

no image

2020年に米国の量的緩和政策が復活することができる

ピンセットのような金利の予測に最近ウォールストリートで最高の名声を得たジェフリーグンドゥラフダブルライン·キャピタルの創業者が2020年に米国の量的緩和政策が復活することができると見られて注目を集めて …

no image

押え込み線とカブセ線の上抜きのチャートパターン

ここでは、酒田五法の押え込み線とカブセ線の上抜きについて紹介します。 「押え込み線」は、上昇相場で、前回の陽線の次に、上窓をあけて陰線が出現し、さらに2本続けて陰線が出る(計3本の陰線)が、そのあとに …

安定した利益を生むFXの低レバレッジトレードで200pips稼ぐ

FXは、過去にはレバレッジ400倍などといった、物凄いレバレッジをかけられていた時代がありました。 しかし、規制が厳しくなり、現在では最大25倍までのレバレッジまでしかかけられなくなっています。 しか …

生産者物価指数(米国)とは?消費者物価指数との違いなど

米国の生産者物価指数(PPI)とは、生産者が製品を出荷する時の、その時点での価格の指数で、1万品目の製品の販売価格を表した指数です。 生産者物価指数は、毎月、月の中ごろ(15日前後)に発表がされます。 …