雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

DPOは逆張りに強いテクニカルオシレーター

投稿日:2014年2月16日 更新日:

DPO(Detrended Price Oscillator)は、逆張りに強いオシレーターで、比較的直近の、相場の買われすぎや売られすぎを判断することができるオシレーターとなっています。

DPOの名前の「Detrended Price(トレンド価格除去)」が意味するように、相場の価格の中で、トレンドを排除して、相場を分析することができるオシレーターであり、相場の買われすぎた状態や、売られすぎた状態を見るのに最適なオシレーターですので、逆張りトレーダーが愛用する分析指標でもあります。

DPOは、短期的な動きをとらえることに特化していて、その見かたとしては、目盛りが-1から1まで付いていて、DPOのラインが0.5を超えた場合に、相場が買われすぎていると判断ができ、また、DPOのラインが-0.5よりも低くなった場合に、相場が売られすぎていると判断ができます。

0ラインを中心に

DPOを使って、売りエントリーや買いエントリーのタイミングを計る場合、真ん中の0の目盛りよりも、DPOのラインが下に位置している時に、0ラインを上に超えた時に買いエントリーのサインとなりますし、また、真ん中の0の目盛りよりも、DPOのラインが上に位置している時に、0ラインを下に抜けた時に売りエントリーのサインとなります。

また、DPOのラインが-0.5よりも低い時に、-0.5から上に上がった場合、買いエントリーのサインとなり、また、DPOのラインが0.5を超えている時に、0.5から下に下がった場合、売りエントリーのサインとなります。

しかし、DPOのラインが-0.5よりも低い時や、DPOのラインが0.5を超えている時というのは、少しあいまいで、どこまで上がっていたり下がっていたほうがいいのか、あまりはっきりと分からない部分があります。

ですが、買いエントリーのサインで、DPOのラインが0.5を超えている時でも、1に近いほうがいいでしょうし、売りエントリーのサインでは、DPOのラインが-0.5よりも低く、-1に近いほうがいいのではないかと思います。

RVIはRSIの応用版インジケーター

-FX

執筆者:

関連記事

no image

米国の金利引き上げ時期が遅れる可能性があると期待に上昇

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、米国の金利引き上げ時期が遅れる可能性があると期待に上昇した。6日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は全長より117 …

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

上場が廃止される企業もある

倒産以外でも、上場が廃止される場合があります。 証券取引所に上場することは、上場していない企業からすれば、投資家が自由に株の売買をできるということですので、とてつもなく大きなことなのですが、当然ながら …

no image

韓国株式市場の動向

大統領選挙が終わってから1年以上が経つが、企業のファンダメンタルズとは関係なく「一発主義」を狙う「政治テーマ株狂風」が絶えていない。 株式市場では​​前日発表されたアン·チョルス元ソウル大学教授の再· …

FXは通貨ペアで売買する

FXは、通貨を売り買いする際に、ペアで売買をします。 通貨ペアは、「ポンド/ユーロ」「ドル/円」などで表現され、通貨ペアの表示の「/」の左側の側の通貨を、「基軸通貨」と呼び、右側の通貨を「決済通貨」と …

FXのトレードで勝率5割で同じpipsなら

勝率5割で同じpipsならどうなるのか。 FXでトータルで収益をプラスにしていくためには、何かプラスになる要素が必要です。 もし、トレードのトータル勝率が5割の場合で、獲得pipsと損益pipsが同じ …