雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

RVIはRSIの応用版インジケーター

投稿日:2014年2月16日 更新日:

RVI(Relative Volatility Index)は、RSIの応用版オシレーターであり、相場のボラティリティの大小を分析する分析指標となります。

ボラティリティの大きさを測ることで、相場の価格の動きの大きさをとらえることができますし、価格の変動が大きいと、それだけ稼げるpipsも増えるということですので、ボラティリティの大小を調べることは、とても重要です。

RVIは、0ラインを中心にして、RVIのラインが、50以上であった場合には、ボラティリティが大きくなってきていることを表し、また、RVIのラインが、50以下であった場合には、ボラティリティが小さくなってきていることを表します。

シグナルラインとRVIライン

RVIには、シグナルラインとRVIラインとがあり、売り買いのタイミングを計る際には、RVIラインがシグナルラインの上に位置している時に、シグナルラインを下に越えていった時に、下降していくと判断ができ、売りエントリーのサインとなり、また、RVIラインがシグナルラインの下に位置している時に、シグナルラインを上に越えていった時に、上昇していくと判断ができ、買いエントリーのサインとなります。

さらに、RVIの真ん中の目盛りの0のラインよりも上に位置している時に、下に抜けていった場合に、下降すると判断ができ、売りエントリーのサインとなり、また、RVIの真ん中の目盛りの0のラインよりも下に位置している時に、上に抜けていった場合に、上昇すると判断ができ、買いエントリーのサインとなります。

RVI単体で相場分析をする場合、ダマシが多いので他の指標と組み合わせて分析するのが妥当ですが、RVIのクロスと、移動平均線のゴールデンクロスやデットクロスなどを併用すると使えるかもしれません。

CMOの使い方や見方

-FX

執筆者:

関連記事

FXのIFD注文でワンセット注文すれば取引が2倍楽になる

FXでは、注文を出した後、チャートに張り付いていないといけなかったりして、他のことができなくなることが多いものです。 もしも、注文を出した後に、出かける用事などがあった時に、自動で決済をしてくれる機能 …

クソポジチェッカー使い方や見方について

クソポジチェッカーという面白い名前の指標ですが、この指標は、FX市場でロングポジションとショートポジションのどちらのポジションのほうが多いのか、リアルタイムに見ることができます。 クソポジ(糞ポジとも …

貸借対照表と損益計算書の見方

貸借対照表と損益計算書は、企業の成績表です。 株の初心者であれば、貸借対照表や損益計算書と聞くと、何か難しそうと思うかもしれません。 実際に始めて貸借対照表や損益計算書を見ると、ちょっと小難しいと思う …

首吊り線と団子天井のチャートパターン

首吊り線と団子天井を紹介します。 「首吊り線」は、あまりいいネーミングではありませんが、上昇相場において、上昇方向に窓があいて陽腺が出現した(この陽腺の下ヒゲがかなり長いことが条件)状態を言います。 …

FXの証拠金とは何か?

FXの証拠金とは何でしょうか? FXを始める際には、どこかの証券会社に申し込みをして、FXの口座を開設しないといけませんが、そのFXの口座を開設したあと、実際に売買をするためにはお金を入金しないといけ …