雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

CMOの使い方や見方

投稿日:2014年2月16日 更新日:

CMO(シャンデモメンタムオシレーター)は、相場が買われすぎている状態や、売られすぎている状態がが分かる、テクニカルインジケーターになります。

CMOは、相場の反転を分析するRSIと似たインジケーターで(RSIについては、RSIで反転を読むの記事に載せてあります)、RSIと同様に、相場が買われすぎている状態や、売られすぎている状態を分析するインジケーターなのですが、さらに、CMOは、トレンドの勢いなどを分析することもできます。

CMOには、-100~100までの目盛りが付いていて、CMOのラインがこの目盛りで50以上にまで到達すると、相場が買われすぎだと判断ができますし、また、-50以下にまで到達すると、相場が売られすぎだと判断ができます。

売り買いのタイミング

そして、CMOのラインが、50以上にまで到達し、さらに上がって100に近づいたら、相場の買い圧力がかなり強くなってきていると判断ができますし、また、-50以上にまで到達し、さらに下がって-100に近づいたら、相場の売り圧力がかなり強くなってきていると判断ができます。

CMOを使って、売り買いのタイミングを計る時には、CMOのラインが、-50以下に位置している時に、-50よりも上に上がった時に、買いエントリーできるサインとなり、また、-80よりも、CMOのラインが下がったら、売られすぎと判断し、買いエントリーのサインとなります。

また、CMOのラインが、50以上に位置している時に、50よりも下に下がった時に、売りエントリーできるサインとなり、また、80よりも、CMOのラインが上がったら、買われすぎと判断し、売りエントリーのサインとなります。

CMOも、RSIと同様に、ダマシがありますので、他の分析指標と併用して、分析を行い、トレードをしたほうがいいでしょう。

アルーンインディケーターの使い方

-FX

執筆者:

関連記事

米国の株式市場が再び史上最高値を更新

5月、米国の株式市場が再び史上最高値を更新した。 4ヶ月間の上昇を妨げた抵抗線を突破した。 景気回復が株価上昇の一番の貢献者である。 雇用の増加に金融危機の際に消えた仕事のほとんどが復元され、消費も2 …

FXの指値注文で価格を指定

指値注文とは、FXでロング注文やショート注文をする際に、価格を指定して注文を出す注文方法です。 価格を指定できますので、例えば、ドル/円の通貨ペアを80.50でロング注文しようと思ったら、あらかじめ8 …

no image

米国でのエボラ拡散でハト派的な基調を示す

ヨーロッパの景気減速と米国でのエボラ拡散などで米連邦準備制度(Fed)がよりハト派的な基調を示すとの見方に力が加わっている。 28日(米国時間) CNBC放送は39人のマネーマネージャーを対象にした調 …

no image

投資家は依然として第1四半期の企業業績が失望を招くことを懸念

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、本格的なキャニオニングシーズンを控えて企業業績が多少不振することができる見通しに下落した。13日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所でダウジョーンズ30産業平均 …

FXのレバレッジの10倍や25倍規制のそれぞれの違い

FXでは、レバレッジという独特のシステムがあります。 このレバレッジは、例えば、本来10万円の資金では、10万円分の通過しか買うことができないところを、10万円の資金で、250万円分の通貨を買うことが …