雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

HLバンドは順張りと逆張りの使い方が可能

投稿日:2014年2月15日 更新日:

HLバンドは順張りと逆張りが可能な、テクニカル指標です。

HLバンドは、リチャードドンチャンという人が作った分析指標で、ハイローバンドなどとも呼ばれることがありますし、HLチャネルと呼んだり、ドンチャンチャネルなどとも呼ばれたりします。

このHLバンドは、設定した日数の高値と安値をラインで表しているだけの、シンプルな指標ではありますが、HLバンドのラインをローソク足が超えていったところで、エントリーしたり(順張り)、また、HLバンドにローソク足がタッチした時にエントリーをしたり(逆張り)して、順張りエントリーと逆張りエントリーのタイミングを、一目で分かりやすく示してくれます。

HLバンドの期間は、自由に設定ができ、初期設定では20日に設定がされていますが、これは過去20日間の最も安い価格と、過去20日間の最も高い価格とをラインで表していることになり、過去20日間の最も安い価格のラインが、Lバンドというラインで、過去20日間の最も高い価格のラインが、Hバンドというラインで、その過去20日間の最も安い価格のラインと、去20日間の最も高い価格のラインの平均値のラインが中間線になり、合計3本のラインが表示されています。

20日間の高値安値

HLバンドは過去20日間の最も高い価格のラインであるHバンドと、過去20日間の最も低い価格のラインであるLバンドで、順張りと逆張りのエントリータイミングを計りますが、その中間のラインである中間線は、その線の傾きによって、トレンドの強弱が分かる線となっていて、中間線の傾きが強いほど、そのトレンドが強いことを表し、また、中間線の傾きが弱いほど、そのトレンドが弱いことを表しています。

ですので、ずっとトレンドが続いている時には、中間線が傾いたままになり、ずっともみ合いが続いている時には、中間線はほぼ水平になっていることが多いです。

HLバンドは、HバンドとLバンドに、ローソク足がタッチしたり、抜けていったりした時に、エントリータイミングを計ったり、中間線の傾きを見て、トレンドの強さを測ったりと、HLバンド1つで、色々な分析ができますし、見た目が分かりやすいので、初心者でも使いやすいテクニカル指標だと思います。

平均足をMT4に表示さす方法

-FX

執筆者:

関連記事

no image

米国ドルは雇用指標好調に伴う9月に最初の利上げ見通しにもかかわらず

ドル-円相場は、米国連邦公開市場委員会(FOMC)委員の発言を警戒する動きを見せると予想される。先に発表された7月の非農業部門雇用指標が予想を満たしている結果を示したという点はドル高材料であるが、FO …

no image

成長率速報値が年率2.3%(季節調整値)を示したと発表

ウォール街の専門家たちは、米国の第2四半期(2015年4〜6月)の国内総生産(GDP)が安定した試合の成長を示唆したと評価した。これらの試合成長基調を考慮すると、連邦準備制度(Fed·FRBの)が利上 …

FXのテクニカル分析でトレード

FXの市場参加者の多くが、テクニカル分析でトレードをしています。 テクニカル分析は、ローソク足やオシレーターと呼ばれる、相場の強弱が一目で分かるような相場分析指標などを駆使して、FXの為替レートの価格 …

no image

中国証券市場が今年50%以上上昇

中国証券市場が今年50%以上上昇したが、まだ多くのファンドマネジャーが追加上昇の可能性に重さを実だったウォールストリートジャーナル(WSJ)が31日(米国時間)報道した。中国株式市場の上昇は11月21 …

no image

為替市場でドルは対円に対してドル= 107.82円で取引

米国ドルは連邦準備制度(Fed)連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のを控え、米住宅指標失望で円とユーロに下落した。連合のポメクス(6411)によると、 27日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場で …