雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

境界性人格障害の原因

投稿日:2018年8月18日 更新日:

境界性人格障害の原因は、育った環境であるといわれている。まだはっきりわかっていないことが多いが、自分が母親とは別の独立した存在だと意識する段階でつまずいたとする説がある。

幼児期に母子分離に失敗し、見捨てられる不安が強いという特徴もあるという。見捨てられるのではという不安にとらわれてしまう。

大人になってからも見捨てられる不安を強く感じ続けてしまう。歩き始めの子どもは、母親のもとに戻ってくるが、その際に冷淡な態度をとられたりすると、境界性人格障害の原因となるという。

不安がつのり、虚無感から自殺に走ったりもしやすい。わざわざ世話の焼ける人を見つけて依存関係になったり、人づきあいがうまくいかないことが多い。

家に引きこもってひとりで過ごしたりすることも多い。その後のアイデンティティの確立に失敗した青年に多いという特徴もある。

見捨てられないようにと、自分のすべてが受け入れられ愛されていると妄想するケースもある。怒りを発散して不安を解消するケースもある。

親の虐待やアルコール依存症、死別など

原因としてはほかにも、親の虐待やアルコール依存症、死別などが関係していると言われている。

親を嫌う自分と親を慕う自分を分離させることが解離性人格につながっていく。元の自分に戻れなくなってしまうこと波紋台である。

精神疾患としての多重人格は、統合的な人格をもてないことにある。問題は別の人格があらわれることではなく、統合的な人格をもてないことだ。

解離とは、意識や記憶などがうまく統されなくなった状態をいう。アメリカでは、子どもの頃に性的またはそれ以外の虐待を受けた人に多重人格が多く見られる。

トラウマ体験などによる精神的ダメージを自分から切り離したため、それが原因のひとつであるとする見方が強い。

精神の健康を守ろうとする防衛策として解離を起こすとされる。痛みや記憶、意識などを切り離して、苦痛から逃れようとするのである。

親から耐えられないほどの苦痛を受け、信頼する大人から虐待を受けたため、親を慕う気持ちとの板ばさみに苦しみ、境界性人格障害となってしまうようである。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

お腹が痛い時の対処法、治す方法など

突然腹痛が起こってしまうことは誰にでもあると思います。うんちをしたくなった時にでも腹痛は起こりますが、それ以外にも、ストレスや緊張などでも腹痛は起こります。 よく、大事なイベントや仕事の時に急にお腹が …

no image

風邪は薬使わないほうがいいという驚きの新事実!?

かつては、風邪にかかった患者に対しては、十分な休養を勧めることが医者としての常識でした。ところが、今では、風邪で来院した患者をタグでは帰さないということが常識になってしまっているかのようです。 熱が出 …

no image

医者は論文の質ではなく、その数で決まるといわれる理由

ある医局では昔、助教授の書いた週刊誌の小さな健康記事、製薬会社の広報雑誌のコメントまで研究業績として記載していたことがあったらしい。さらに研究論文の数を稼ぐために、一般向けの本を共著という形で出版し、 …

no image

研修医が疲れでウトウトした時に行われるある方法

一人前の医者になるには鈎(こう)引き3年かかるといわれている。研修医も1年、2年生あたりはすべてにおいて半人前扱いである。つねに寝不足で、おなかもペコペコ、おまけに風邪気味で、体のどこかに青アザかコブ …

no image

かなり必見!高額年俸が期待できる医師求人サービス

高学年歩で雇ってもらいたいと考える先生は多いかもしれませんが、高額年俸を稼げるようになるとい思うと、なかなか簡単ではありません。しかし、色々と探せば、高額年俸の施設の求人は見つかります。 もしも高額年 …