雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

マーフィー開発のスパンモデルとは?

投稿日:2014年2月11日 更新日:

FX界の大物、マーフィーこと柾木利彦さんが開発した、スパンモデルというテクニカル指標を紹介します。

柾木利彦さんは、スーパーボリンジャーバンドを開発したことでも有名ですが、柾木利彦さんは、スパンモデルというテクニカル指標も開発しています。

スパンモデルは、一目均衡表をベースにし、一目で相場の動きの分析ができるように、分かりやすい見た目にした指標で、ヒロセ通商やDMM FXなどの証券会社チャートで表示させることができますが、全ての証券会社のチャートで表示させられるわけではありません。

スパンモデルには、赤色スパンと青色スパンがあり、その間がゾーンという、一目均衡表の雲と同じ役割のものなどがあり、赤いゾーンがレジスタンス(上値支持線)の役割をし、青いゾーンがサポート(下値支持線)の役割をします。

上抜けや下抜けがサイン

スパンモデルは、赤いゾーンと青いゾーンが、切り替わる時が売買サインとなり、また、赤色スパンと青色スパンの、上抜けや下抜けが、売買サインともなります。

赤色スパン(赤い線)が青色スパン(青い線)を上に抜けた場合、売りのサインとなり、青色スパン(青い線)が赤色スパン(赤い線)を上に抜けた場合、買いのサインとなります。

また、スパンモデルには、遅行スパンというラインもあり、遅行スパンが、ローソク足を下に抜けた場合には、下降の力が強くなっていることを表し、遅行スパンが、ローソク足を上に抜けた場合には、上昇の力が強くなっていることを表します。

また、遅行スパンが、ローソク足を下に抜け、さらにゾーンを抜けると、下降の力がさらに強くなっていることを表し、遅行スパンが、ローソク足を上に抜け、さらにゾーンを抜けると、上昇の力がさらに強くなっていることを表します。

トレンドラインで売り買いと損切りをする手法

-FX

執筆者:

関連記事

クソポジチェッカー使い方や見方について

クソポジチェッカーという面白い名前の指標ですが、この指標は、FX市場でロングポジションとショートポジションのどちらのポジションのほうが多いのか、リアルタイムに見ることができます。 クソポジ(糞ポジとも …

FXの日本時間とシドニー時間

日本時間とシドニー時間の関係について。 FX市場は、24時間市場がオープンしてはいますが、その1日の初めにFX市場がオープンするのが、ウェリントン市場で、その次にシドニー市場がオープンします。 このウ …

no image

ニューヨークの金、原油の市場価格の状況

ニューヨーク原油価格は、市場を動かすほどの材料部材の中に3週間の下落に伴う低価格買取歳流入して小幅上昇した。 14日のニューヨーク·マーカンタイル取引所で8月物西部テキサス産原油(WTI)の価格は、先 …

no image

ユーロ圏の株式市場が下落を示すに基づいて小幅上昇

ニューヨーク金価格は、米国ドルが安定を見せた中で、ギリシャ懸念常在的に、ユーロ圏の株式市場が下落を示すに基づいて小幅上昇した。28日、ニューヨーク商品取引所で6月物の金価格は前日よりオンスあたり2.5 …

no image

今年半ばの6月頃基準金利を引き上げることができるか

米国連邦準備制度(Fed)が今年半ばの6月頃基準金利を引き上げることができるか、市場の疑問が高まっているとマーケットウォッチが26日(米国時間)報道した。Fedはしかし、予想していたよりも金利引き上げ …