雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

男に媚を売る女がうざいのは実は

投稿日:2018年8月18日 更新日:

何よ、あの女!男と見ると姻売っちゃって!このような女性を嫌う本当の理由は、嫌う側にある場合も多い。

かわいらしくて男性にうけのいい女性は、自分のシャドウを相手に投影して、毛嫌いしたり、憎んだりする。実は自分にもそんな一面があるにもかかわらず。

職場の女性たちに、嫌われたり、陰口をたたかれたりするものだが、職場の男性に異性として好かれようとアピールする言動がどうしても気に入らない。

シャドウというのは、自分の一部でありながらこれは自分ではないと抑圧してしまったもの。本人はそういう面を無意識の中に押し込めているが、自分の中から消すことはできない。

自分では認めたくない部分である。表面に出てくるのが多重人格であるとする考え方もある。

シャドウが抑圧しきれないほど大きくなり、そうした面を表に出している他人に投影し、嫌悪するのである。

ジキル博士は高潔な紳士だが、その抑圧された面、シャドウが表に出てきたのがハイド氏ということである。享楽的に悪行に走る人格ももっている。

普遍的無意識を構成している心的内容を元型

引っ込み思案で勤勉な真面目人間と周囲から思われていても、奔放なシャドウが形づくられているかもしれないのである。

普遍的無意識を構成しているさまざまな心的内容を元型という。心の奥底では積極的で大胆不敵。ペルソナやシャドウは人それぞれ違う。

ペルソナも、そしてシャドウ、ともにユングのいう元型である。集合的無意識と訳されることもある。

すべての人に共通する無意識であり、個人の体験、レベルを超えている。ユングは普遍的無意識があると主張した。

フロイトは人間の心に意識と無意識があるとした。意識にあらわれるのは、シャドウやペルソナといった元型イメージである。

人それぞれの体験や個々の状況などによって、意識へのあらわれ方は違ってくる。元型は民族や時代を超えて、すべての人が生まれつきもっている

ただし、同じ元型であっても、意識の上に浮上してくることはない人も多い。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医学略語や用語-覚えておきたいガンに関連した色々な用語

・インディケーション 普通は適応というと、その場所の環境に慣れることだが、医学では別の意味に使っている。日本語訳は適応だが、このコトバは誤解を与えやすい。たとえば手術の適応がないとは、手術しても意味が …

no image

小児期の分離不安障害は小学生や中学生にも起こる

いつまでも不安を克服できない子どもがいる。大半の子どもは平気で親と離れられるようになるのに、ちょっとでも姿が見えないと、不安にかられて泣き出したりする。 小さな子どもはいつも親のそばを離れず、入園直後 …

no image

風邪とインフルエンザの症状の違いはどこ?

かぜとインフルエンザは別のものです。かぜは、ウイルスが上気道に感染することによっておこる症状です。混同しがちですが、いったどこが違うのでしょうか。 インフルエンザと風邪は症状が似ていて区別が付きにくい …

no image

イギリスのかかりつけ医制度に驚いた日本人

最近は、日本においても、かかりつけ医を作ることは大切だといわれています。日本には、そういう一般医ともいわれるゼネラリストとしての家庭医を養成するシステムがないので、できるだけ幅広い知識を持ったかかりつ …

no image

すぐに見つかる!老健医師の転職を支援する会社を紹介

老健、いわゆる、介護老人保健施設は、超高齢化社会に向かっている現在において、採用ニーズが高まってきています。老健医師の募集をしている求人案件では、色々な業務をこなすことができる、中堅、ベテラン医師の募 …