雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

中古車フェアってどうなの?本当に安いとは限らない事実

投稿日:2014年11月2日 更新日:

○○フェア、○○セールなどのチラシが配布されてくる。このようなフェアは春先だけでなく、夏や冬のポーナスシーズンにも活発に開催されてる。そんなチラシをふと見てみれば、思わず、安いと思うような激安車が掲載されていたりする。しかし、これらのフェアやセールで売られるクルマは、本当に安いとは限らない。

これは本当にお買い得だったりする。しかし、その他のクルマは・・。広告の目玉となる何台かは確かに安い。ただ、目玉車はすぐに売れてしまうもの。また、年間を通して考えると、値段は通常よりも高くなっている。しかも、セールの時期はクルマが高く売れる時期。

基本的に中古車店の行なうセールで、本当にお買い得なものは少ない。セールの前の展示価格をよくチェックして、本当に安いと思えるようでなければ、行く価値はまったくない。それじゃあ、セールに行く意味がないじゃない。その意見には大賛成立ほとんど行く意味なし。しかし、目玉車が買えるなら行ってもいい。朝一番で行って、すぐに契約するくらいの勢いが必要だろう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ローンの審査があまく

もしもセールの協賛に信販会社の名前があって、セール会場に信販会社の社員がいれば、ローンの審査があまくなってると考えていい。審査を問題なくクリアできるという人は、ふつうのときに口ーンを組んだほうがお得。ただし、金利の%は通常よりも高め。完全にブラックリストに載っている人は無理だけど、ちょっと難しいかな程度であれば、販売会社に対する信販会社のメンツもあって、なんとかなる。ぜんぜんダメそうなセールではあるが、唯一のメリットはローンの審査があまいことだ。

また、セール中は安さじゃなく、装備品などのサービスで勝負をするときもある。車両本体価格がふつうと変わらないなら、サービス狙いでセールに行くのもいいかも。販売会社がー社だけでなく、数社が合同で行なうものもごくたまにある。新品タイヤをつけたり、バッテリーを新品にしたりって感じ。

もしも、どうしてもセールに行きたいのなら、ー社だけのセールではなく、数社が合同で行なうものを狙おう。この場合は通常ー社だけのセールとちょっと違って、値段をがんばってる可能性大。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

アルテッツァはボディサイズと6速MTが魅力

アルテッツァに3シリーズのようなプレミアムカーとしての、上質なフィーリングがあるかといえば、ノーだ。率直に言って、アルテッツァはあらゆる意味で質感が低い。アルテッツァとBMW3シリーズを比べると、動力 …

no image

フィーリングによる評価は欠かせない要因

不快に思う振動と、楽と思う振動の区別はどのようになされるのか、今日でも大勢の人々が研究をしていますが、いまだに決定的な考え方は見いだされていません。それは何も乗り心地に限ったことではなく、自動車の評価 …

no image

海外の個性的な車を理解できない日本人

輸入車の使い方やその考え方を理解することによって納得することができることがある。たとえば、日本で多いクレームがライトの球がすぐ切れる、といった類のものだが、日本ほどゴーストップの多い国というのは他にそ …

no image

超大型フラッグシップセダン「ニューチェアマンW」を公式発表

双竜自動車は、ソウルグランドハイアットホテルで超大型フラッグシップセダン「ニューチェアマンW」を公式発表しました。2008年2月に初めてリリースされたチェアマンWは、20ヶ月の研究期間と280億ウォン …

no image

操舵感と車の動き

重要なのは向きを変えた直後の第二、すなわち左に切ってまた右に切りもどすときの操舵感と車の動き。このときはハンドルにも車にも、第一航の右切りの影響がまだ残っているなかで、しかも限られた距離と時間のなかで …