雑学

色がもつ不思議な力を紹介-赤色の力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色がもつ不思議な力。皆さんは、普段生活をしていて、色について意識されることはありますか?色がもつ不思議な力があることを感じたことはあるでしょうか?色にはそれぞれ特徴があり、私たちの心理や行動に大きな影響を与えています。

女性の方であれば、洋服の色だけでなく、料理の色どりなど、結構色について気を遣うことが多いかもしれませんが、男性の方であれば、あまり色を意識されることが少ないかもしれませんね。

色というのは、人に対して色々な影響を与えるものです。街を歩いていると、色々な色の建物がありますし、お店に入れば、そのお店の中にも、色々な色があるでしょう。

赤色が持つ意味を確認していきましょう。

・情熱的
・愛情深い
・メンタルを刺激する
・目覚めの時に目にする
・エネルギッシュ
・行動力がある
・リーダー的存在
・気温が高く感じる
・怒りを感じている時

普段何気なく見ている「色」ですが、実は色によって人に精神的な影響を与えるようですし、色により、そのものの印象がかなり変わってきます。

そして、この記事のタイトルにもなっている「赤色の力」。

赤色は、皆さんもご想像の通り、「情熱の赤」です。「行動」と「活動」の色と言われています。

闘牛でおなじみですが、赤を見ると、アドレナリンが分泌され、興奮を引き起こします。ですから、牛も興奮して、闘牛士に突っ込んでいくわけですね。

また、心理学的にも、赤を見ると、交感神経系に刺激を与え、血圧や体温・興奮作用を高める効果があるのだそうです。

赤色を見ると食欲が増進する

あと、赤色を見ると、食欲も増進するそうです。焼き肉店などの看板に赤色が使われていることが結構多いですが、あれは、そういった効果を狙っているのかもしれませんね。

赤色は暖色効果があり、部屋のインテリアに使用すると、実際の体感温度にも効果があります。ですので、冷え性の方には、赤色のインテリアがおすすめです。

逆に、心が落ち着く青色のインテリアを置くと、体温が下がるそうです。

また、赤色の洋服を着ると、元気が出たり、気分が高揚するそうです。もしも落ち込んで気分がすぐれないときには、赤の洋服を着るといいかもしれません。

これから、寒い季節になりますから、洋服や部屋のインテリアに、積極的に赤色を入れていって、暖色効果を得るようにしていきましょう。赤からは太陽や火の熱く活発なイメージが浮かびます。エネルギーを感じさせるアクティブな色です。

赤色の与える興奮効果によって、時間経過を体感よりも早く感じさせます(実際は20分しか経っていなくとも、30分以上経過したと感じるような)。

足が冷えやすい方は、赤い色の靴下がおすすめですよ。赤色はなかなか選択しにくい色かもしれませんが、思い切って赤を選ぶと、いいことがあるかもしれません。

色彩心理学を知っていると

色彩心理学を知っていると、色だけで自らの印象をがらりと変える事も可能なでしょう。

実を言えば色には各々体や心の働きかける影響がある事をご存知でしょうか?色の成果を知ると、普段の多彩な事に応用する事が可能なのです。

「色」の成果を知ると、暮らしに役立てる事が可能なのです。

色は目で見て素晴らしいだけでなく、各々にポイントや成果があります。

色は人の心の働きに影響を与える。

産業シーンでもTPOや気力によって色を選択する事で、成果を得られる確率も高いのです。

「赤」の暖色成果は、内装に活用すれば季節感の表現だけでなく、実のところの体感温度にも成果があります。

現在目の前にある画面、学習に使用するノートや教科書やペン、定期的着る服や人生ている住宅の屋上、壁紙、街中で目にする広告、雑貨、他にも本人のからだなど…私達の暮らしには『色』が欠かせません!その上、各々の色には諸々な意味合いであったり、私達の無意識の中に働きかける不思議な力があります。

色彩心理学

「今の時代元気がないから赤色を足そうかな」「安らぎたいから寝具は緑にしよう」など、普段を生きやすくする事が可能なでしょう。

ある実験では、同じ温度の青い個室と赤い個室に入ったケースの体感温度には、3度も差があったそうです。

色の持つ心理、学問を色彩心理学と言います。

色のない世の中はなく、色彩が心身いずれもに与える影響は大きいものです。

応用技術を知れば、意図的に勉学への集中力も高める事が可能なようになります。

人間の心や体に影響力がある事がわかっているのです。

無意識に選択してでしまうの色でその人の《心理ステータス》《性格》がわかってしまうそうなのです!「好きな色は◯◯だけど、ついつい選択してでしまうのは◯◯」といった経験は無いでしょうか?私達の暮らしに何気なく使われている色。

衣服や絵画、Webページなど、普通に世の中に色のない物はないので、物作りに携わる者は色の心理学について少々の知識を持つほうが良い。

私達の周囲には数え切れない程いろいろの『色』があふれています。

雑学一覧へ移動する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加