雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

健康のために毎日運動をしよう

投稿日:2018年8月18日 更新日:

健康のために、1日5千歩のウォーキングなどの運動を始めてみてはどうでしょうか?どんな形でもいいので、5千歩歩いてみましょう。

まとめてではなくても、1日トータルで5千歩を目指しましょう。通勤の際にひと駅早く降りて歩いてみるとか、買い物がてらたくさん歩くなど、何でもいいと思います。

万歩計を使えば簡単に計測できますし、万歩計をいつもつけておけば、意識的に歩くようになります。あとで歩数をチェックする楽しみも増えますしおすすめです。

また、仕事の合間にストレッチをするのもおすすめです。デスクワークでは体中の筋肉が萎縮してしまいます。足を曲げ伸ばしたりして筋肉を緩めてあげましょう。

立った時に体を伸ばしましょう。伸びのついでに首や肩を回したりするといいでしょう。自然と伸びをしたくなるのは、体が欲しているサインです。

運動といっても筋肉をムキムキにするということではありません。ほんの少し意識するだけで簡単に続けられることです。

息がゼーゼーするような運動ではありませんし、毎日の生活の中で、隙間時間を使ってちょこちょことやればいいと思います。

筋肉をきちんと使うようにしましょう

筋肉をきちんと使うようにしましょう。たまに激しい運動をするよりも効果的です。血行をよくすることを意識してくださいね。

運動すれば燃焼体質の体づくりはバッチリです。大切なのは毎日続けられることー継続こそ力なりです。できれば軽くスクワットや腹筋をしましょう。

お風呂上がりにストレッチをしますと、緊張していた筋肉が緩みやすくなります。よく体を伸ばしましょう。筋肉が温まっている時は効果的です。

冷えは体のトラブルを作ります。現代病といわれる花粉症やアトピー性皮膚炎などは、体の冷えが原因だという専門家もいます。

花粉症やアトピー性皮膚炎などは、昔はほとんどないものでした。冷えと低体温による免疫力の低下により、そういった病気が発症しやすくなっているのでしょう。

食の変化、自然環境の変化、大気汚染や食品添加物などにその原因が押しつけられていますが、冷えと低体温による免疫力の低下の要因は大きいと思います。冷えを解消するために、運動をするよう心がけましょう。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

リクルートメディカルキャリアの口コミ

リクルートメディカルキャリアは、大手企業のリクルートが運営している、医師転職支援サービスです。古くから運営されている会社で、利用者の満足度が高いようです。 リクルートメディカルキャリアの口コミを集めて …

no image

精密検査を病院で行うことは人によってはマイナス効果になることも

検査の中には体力を相当消耗させるので、健康上に悪影響をもたらすものもある。それでも必要だからするのが本来の姿だが、最近は必要以上の検査をする傾向があるようだ。内科医は少しでも怪しいと思えばもちろんのこ …

no image

看護のお仕事はつらくずっと寝ていたいと思うもののようだ

ナースをはじめ女性の医療スタッフは、患者さんがうらやましいわねぇ、一日じゅうゴロゴロ寝ていられるし、そのうえ三食は確保されているし、いつかは患者になりたい、寝ていたい、なんていう人がいるようです。普通 …

no image

嫌な患者あるある-医者を困らせるタチの悪いものたち

悪い患者というのは、はっきりしている。いうことを聞かない患者である。それから、病名を信じない患者にも手を焼くという。だいたい患者は何でもかんでもガンである。オレは慢性胃炎だと思う患者は少ない。胃潰瘍と …

no image

粘膜投与型の経鼻ワクチンの防御機構

米国で、低温に適応できる生ワクチンが開発され、2003年に国から承認されました。自然感染によってつくられる免疫のメリットを生かすワクチンとして、生ワクチンが開発されました。 生ワクチンは、自然感染のと …