雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

首吊り線と団子天井のチャートパターン

投稿日:2014年1月17日 更新日:

首吊り線と団子天井を紹介します。

「首吊り線」は、あまりいいネーミングではありませんが、上昇相場において、上昇方向に窓があいて陽腺が出現した(この陽腺の下ヒゲがかなり長いことが条件)状態を言います。

上昇方向に窓があいて出現した、下ヒゲがかなり長い陽腺見て、首を吊った状態と想像しそうですが、そうではなく、「ここで買うと首を吊ることになる」という意味合いで、首吊り線という名前になっているそうです。

上昇方向に窓があいて出現した、下ヒゲがかなり長い陽腺は、ヒゲの長さが、陽腺の実体の3倍より長い長さがベストで、このパターンが出たら、売りのサインとなります。

一見すると、上昇相場で窓をあけて陽腺が出たので、買いたいところですが、多くの場合、これ以上上昇しない場合がよくありますので、売りを入れるか、様子を見るかして、買いは入れないほうがよいでしょう。

団子天井

そして、「団子天井」は、放れ五手黒一本底と鍋底の記事で紹介した、鍋底の形に似ていますが、上昇相場の際に、小さな陰線と陽腺が数個出てきて(もみ合い)、その形が、丸い半円のような形になった状態を言います。

鍋底は、平らな鍋の底の形でしたが、団子天井は、半円状の形に、小さなローソク足が並んでいるのが特徴です(鍋底のように平らでもよい)。

上昇相場から、団子天井の形が現れたら、その後に、下放れ(下降方向に窓をあけて下降)か、カブセ線(陽腺に食い込む陰線)が出現することが多いので、下放れか、カブセ線が出たら、売りのサインとなります。

形だけ見ると、また上昇しそうに思いますので、判断が難しいところですが、よく形を見て判断しましょう。

下値遊びと三羽烏のチャートパターン

-FX

執筆者:

関連記事

FXが初めての方

「FX初心者」の記事一覧ページです。 FXの歴史や、FXの仕組みなど、円高や円安の仕組みなど、FXに関する初歩的な内容の記事を中心にまとめております。 こちらの記事を見ると、FXとは何か少し分かってく …

no image

連合のポメクスによると後場価格である119.07円より0.42円下した

米国ドルは指標好調も低いインフレ率と国債の利回りで円やユーロに下落した。連合のポメクス(6411)によると、12日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 118.65 …

no image

早ければ今年6月に基準金利が引き上げられる可能性を示唆

米国連邦準備制度(Fed)が基準金利の引き上げに「忍耐」を発揮というフレーズを削除した。18日(米国時間)Fedはこの日までの二日間開かれた連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議の後に発表した声明の …

no image

米国住宅指標が肯定的な姿を記録して国債売りが強化

ニューヨークのアナリストは、ギリシャ懸念がやや緩和された姿であるうえ、ニューヨーク証券取引所が強気を見せた米国住宅指標が肯定的な姿を記録して国債売りが強化されたと述べた。これらは、今年の第1四半期の経 …

株のSQ(特別清算指数)は清算指数

SQ(特別清算指数)は、清算指数として使われる指数です。 SQは、TOPIX先物や日経225先物といった、先物取引、オプション取引などの、決済の終わる日までに、反対売買(空売りをした銘柄を、もう一度買 …