雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

捨て子線(安値寄り)と二つ星・三つ星(下げ)のチャートパターン

投稿日:2014年1月17日 更新日:

捨て子線(安値寄り)と二つ星・三つ星(下げ)を紹介します。

捨て子線(安値寄り)は、捨て子線(高値寄り)と最後の抱き線(下降)の記事で紹介しましたが、捨て子線(高値寄り)と違うのは、下落相場で、大きな陰線が出てきたあと、下落方向に窓をあけて、次のローソク足十字線が出現して、次に、「下降方向に窓があいて」、「陰線」が出現した状態を言います。

捨て子線(高値寄り)の場合には、十字線のあとに、上昇方向に窓をあけて、陽線が出てきましたが、捨て子線(安値寄り)の場合には、十字線のあとに下降方向に窓をあけて、陰線が出てきた状態が捨て子線(安値寄り)になります。

捨て子線(安値寄り)は、相場が下落して窓をあけたのに、次のローソク足で十字線が出現したので、売りが尽きた状態を表わすのですが、それでもさらに、下窓をあけて陰線が出たということは、まだまだ下降の勢いが落ちていないと見て、売りのサインとなります。

二つ星・三つ星(下げ相場)

そして、二つ星・三つ星(下げ相場)は、陰の陰はらみと二つ星・三つ星(上げ相場)で紹介した、「二つ星・三つ星(上げ相場)」の下げ相場のバージョンです。

二つ星・三つ星(下げ相場)の場合は、下降相場において、2~3本の小さなコマのローソク足が出てきて、次に下降方向に窓をあけて陰線が出現した状態を言います。

下降相場で、さらに下降方向に窓をあけて陰線が出現した場合、売りの力が強くなっていると見れますので、売りのサインになります。

二つ星・三つ星と言われる、小さなコマのローソク足は、もう一度下降するための充電中の状態であり、コマのローソク足のあとに、下降方向に窓をあけて陰線が出たということは、大きな下降の勢いがあると読み取れます。

バケ線と下放れ二本黒のチャートパターン

-FX

執筆者:

関連記事

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

FXでどうしても勝てない場合に

どうしても勝てない場合には、今のトレードスタイルを見直す必要があります。 毎月、毎月、どうしてもプラスにならない方は、次のことを意識して変えていくとよいと思います それはまず、毎回のトレードの日記をつ …

no image

ヨーロッパ中央銀行が景気を浮揚するカバードボンドを購入するという計画

ヨーロッパ中央銀行(ECB)が景気を浮揚するカバードボンドを購入するという計画を明らかにすることによってはカバードボンドに投資が殺到しているとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が11日報道した …

no image

雇用指標が好調で上昇を続けるものと予想

今週(6〜10日)、ニューヨーク外国為替市場でドルは9月の雇用指標が好調で上昇を続けるものと予想される。過去3日(米国時間)、ドルは9月の雇用指標好調で、米国連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しに …

no image

中央銀行が今年利上げに出てはいけないという立場を再確認

ニューヨーク株式市場でダウジョーンズ30産業平均指数とスタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数が史上最高値を突破した。連邦準備制度(Fed)の利上げ時期が遅れる可能性があるという期待が株価を …

ウィークリートレード手法は会社員におすすめ

ウィークリートレードは、会社員におすすめのトレードスタイルです。 ウィークリートレードとは、2~1週間以内に売買を完結させてしまうトレードスタイルです。 デイトレードでは、1日のうちに売り買いや決済を …