雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

指の関節の痛みの原因について

投稿日:2018年8月7日 更新日:

指の関節が痛いと悩んでおられる方は多いですが、その原因は様々です。指の関節が痛くなると、日常生活に支障をきたすこともあるので、早期に治療をしたいものです。

指の関節の痛みの原因の多くは、負担のかけすぎです。長時間パソコンのキーボートを叩く仕事などをしている方に多いです。

長時間、指に負担をかけていると、骨と筋肉をつないでいる腱(けん)や腱鞘(けんしょう)が炎症を起こし、痛みを発生してしまいます。いわゆる腱鞘炎というものです。

腱鞘炎は、楽器の演奏をされる方やはさみを使う美容師さんなどもなる方が多く、長時間酷使をすると、指の痛みが出てきてしまいます。

痛みが出ている場合、熱を持っていることが多いので、痛みが出ている部位を冷やすと良いでしょう。

炎症が起こっている部位を冷やすことで炎症が抑えられます。また、痛みが慢性化している場合は、逆に暖めるといいでしょう。

湯船にゆっくりとつかり、全身を温めることで、血の巡りが良くなり、痛みの軽減が計れます。

また、腱鞘炎以外にも、ヘバーデン結節という病気が原因で指が痛くなることもあります。

ヘバーデン結節は、指の第一関節に指の腫れが出たり痛くなってしまう症状が特徴です。

リウマチの症状と似ている

リウマチの症状と似ているので、区別が付きにくいですが、リウマチの場合は、指だけ出なく全身に症状が出るので、ヘバーデン結節とはまた違います。

ヘバーデン結節の場合は、指の第一関節、リウマチの場合は、指の第二関節に症状が出やすいという違いがあります。

リウマチは違いますが、腱鞘炎やヘバーデン結節の場合、指を酷使していることが原因ですので、治療を行うためには、指を酷使するのをやめなければいけません。

ただ、お仕事の都合上、指を酷使することがやめられない場合は、医療機関で治療を行うほうがいいでしょう。

腱鞘炎やヘバーデン結節の場合であれば、完治はできますが、もしもリウマチになっていると、治療は難しくなってきますので、指の痛みを感じたら、早めに病院へいかれたほうがいいと思います。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

体温が35度台の人は危険です。1度上げましょう。

人体にとって理想の体温は36・8度前後。体温は1度下がると免疫力が30パーセント低下するといわれています。 理想の体温である36・8度前後という方はもし風邪をひいても、37度少々の熱ではどうつてことは …

no image

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語をいくつか紹介していこう。一般の人が日常生活で使うことはないと思うが、病院へ行ったときに、医師の会話 …

no image

病院内恋愛-職場の規律を乱すほどの深刻なものもあるようだ

歴史のある大学病院の中には医師と看護婦の恋愛はご法度という不文律を持つところがある。聖なる職場で恋愛沙汰があっては、職場の規律が乱れるというのが理由らしいが、今の若い人はそんなことはおかまいなしだ。職 …

no image

地域枠-医学部で定員割れとなるのか

医学部入試では、地域枠に希望者は殺到するだろう。すると、センター試験もこれまで以上の高得点が必要となるかもしれない。その一方で、一般科目の入試がなく、小論文と面接だけという形であれば、そのための受験勉 …

no image

咽頭がんの放射線治療の副作用

咽頭がんの放射線治療は口腔や咽頭部はもちろんのこと、頚部のリンパ節を含めて広範に照射する必要がある。咽頭がんの放射線治療は最もつらい急性期の副作用を呈する疾患である。 放射線を二週間も照射すれば味覚が …