雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ポジポジ病は有名なFXの病気

投稿日:2014年1月13日 更新日:

ポジポジ病は有名なFXの病気ですが、本当に病にかかったわけではありません。

「ポジポジ病」とは、ポジションを持たないと落ち着かなくなり、無理にでもエントリーしてポジションを持とうとしてしまう状態のことですが、多くの場合、ポジポジ病の人は負けトレーダーである場合が多いようです。

ポジポジ病になる原因としては、FXをパチンコをやるように、趣味の感覚でやっている場合や、早く稼げるようになりたいと焦ってしまっている場合、欲が強くなりすぎて興奮状態でトレードをしてしまっている場合など、様々な原因があります。

ネット上には、FXのサイトがたくさんあり、そのFXサイトで、「FXで1000万円稼いだ」などといった記事などを見てしまうと、「FXは1000万円も稼げるのか・・よし、俺も1000万円稼いでやる!」とばかりに、鼻息を荒くしてたくさんポジションを持とうとします。

確率が全て

慎重な人は、デモトレードで練習してからリアルトレードをしますが、中にはたいした勉強もしないでFXですぐにリアルトレードを始めて、大金を失ってしまう人もいます。

そうなってから、FXを辞めるか、また大金をなくすのは怖いからと、真剣にFXの勉強を始めるかします。

ポジポジ病を治すためには、まず、FXは確率が全てだということを知る必要があります。

過去のチャートの動きを分析して、ここでエントリーしたら、高い確率で勝てるというポイントを見つけ出し、そのポイントのみでエントリーするようにすれば勝てますので、まずは確率の理論を知りましょう。

確率の理論を知れば、自然とエントリー回数は減ります(勝てるところでしかエントリーしないので)ので、ポジポジ病を克服できます。

FXトレードでは利を伸ばすために寝てしまう

-FX

執筆者:

関連記事

FXのマージンコールとロスカット

FXには、マージンコールとロスカットというものがあります。 FXでは、証拠金という証券会社に預けている担保(お金)の範囲内で、取引を行っていますが、この預けている証拠金よりも損益が上回りそうになると( …

no image

ハト派的であったギリシャ懸念の緩和

ニューヨーク金価格はジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長がハト派的であったギリシャ懸念の緩和と、中国発の実需不在などで小幅下落した。24日、ニューヨーク商品取引所で4月物の金価格は前日より …

no image

ロシアが海外資産に対する統制力を強化する法案を提示したというニュース

25日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、ロシアが海外資産に対する統制力を強化する法案を提示したというニュースと技術主義の低下の影響で大幅に下がった。ニューヨーク証券取引所(NYSE …

FXのトレードの前に準備すること

トレードの前に準備すべきことは何でしょうか? 私の場合、トレードの前に、指標発表の予定を必ず見るようにしています。 大きな指標発表の時にポジションを持っていた場合に、一気に利益を失ってしまう場合が多い …

no image

いくつかのメディアの為替レートに関連する報道を公式否定

米国ドルはオバマ米大統領が、いくつかのメディアの為替レートに関連する報道を公式否定したにもかかわらず、円とユーロに大幅に低下した。連合のポメクス(6411)によると、8日午後遅くニューヨーク外国為替市 …