雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

光線療法の歴史とその効果

投稿日:2018年8月17日 更新日:

日本の光線療法を進歩させた一人の米穀氏は、光線療法を民間で研究して万民に役立てるべく、光線研究施設を立ち上げました。

米穀氏は、私財を投じて1931年、日本橋で光線治療所を開設したそうです。現在の光線治療の基礎をつくりました。

投薬も手術も行わない光線だけの難病治療が行われています。米穀氏が改良を加えた治療器は、80年たった今も同じように使われています。

がん患者の治療など、数々の実績は著書にもなり、原爆症患者の治療に用いられていたようです。

当時はドイツ製の人工太陽灯を用いていましたが、米穀氏が治療器に改良を加えたそうです。

また、1903年にノーベル医学・生理学賞を受賞した、フィンセン博士がいます。

太陽に近い光を出す人工太陽灯を作り出しました。フィンセン博士の光線療法は、功績が認められ、皮膚結核の尋常性狼瘡を根治することに成功しました。

特殊なカーボンを燃焼させることで、当時は不治の病といわれていた難病のひとつである皮膚結核の尋常性狼瘡を根治しました。

人工太陽灯を治療に使い続け

彼はその人工太陽灯を治療に使い続け、1908年に日本にも導入されたことがあります。

東大医学部の皮膚科博士によって主に皮膚病治療に用いられていました。この技術は光線療法と呼ばれました。

しかしその後、フィンセン博士が受賞した人工太陽灯による光線療法は、医学界では広まることなく消え去りました。外科手術中心にした治療に転換したためでした。

現在でも、医療機関でも光線療法を行っているところはありますが光線療法とは似て非なるものになります。総合光線とは違い、光線療法は強力な紫外線を照射するものです。

医師しか扱うことができません。扱いを間違えると火傷などの副作用が発生してしまいます。

しかし、紫外線のみを照射する光線機器とは違い、治療器は扱いがとても簡単です。

安全性が高く、誰でも使用することができます。副作用などもないため家庭用医療機器としての認可を受けているようです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医者の診断できない範囲-ナワバリを知らされたある出来事

医者のナワバリを、魚の骨で知らされたある出来事がある。 1人息子の医大合格祝いの席で、鋼のホネがノドにひっかかった。人生最良の日に、0さんはとんでもないメにあってしまったのである。ご飯を呑み込んでみた …

no image

人獣共通感染症インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスは、力モに代表される水禽や家禽といった鳥類にも感染しますし、ウマなどの晴乳類にも感染します。人間だけではありません。 さらに、A型インフルエンザウイルスは、ウマ、アザラシ、ク …

no image

センター対策や理科対策に十分な時間が使える

高1や高2から始めるのであれり時間がとられるから、早めに数学にもとりかからないと受験に間に合わない。理想としては、医学部受験生は、高2くらいまでに英語と数学のカリキュラムは一通り。そうすれば、高3のと …

no image

前立腺がんと前立腺肥大症の検査など

前立腺の二大疾患は前立腺がんと前立腺肥大症とである。前立腺の二大疾患は、加齢により増加する。 三波春夫さんが二〇〇一年四月、前立腺がんで亡くなった。三波さんが前立腺がんと分かったのは、一九九四年一月の …

no image

訪問診療のみの医師求人が見つかりやすい紹介サービス

在宅医療(訪問診療)の求人を見つける場合、なかなか見つからないことがあると思います。自分で探すと意外に見つからないもので、良い求人を見つかられるまでに時間がかかってしまうと思います。 もしもできるだけ …