雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXで毎月プラスではないが勝っています

投稿日:2014年1月12日 更新日:

私は、毎月プラスではないですが、トータルでは勝っています。

FXで勝てるようになるまでには、本当に色々な葛藤がありましたが、昔は、毎月プラス益が出ないと勝った気がしなくて、よく悩んだものです。

今の自分は、安定して勝っている状態だと思っていますが、毎月プラス益が出ているわけではありません。

私の場合、トレードの勝率がそれほど良くないので、毎月プラスと言うわけではなく、マイナスの月もあります。

1月はプラス500pips、2月はマイナス200pips、3月はプラス300pips、4月はマイナス50pips、などといったように、月によってプラスになったりマイナスになったりしますが、1年トータルで考えると、プラスになっている状態です。

ですので、毎月プラス益にならないと勝てていると思わない方からしたら、勝っているとは思わないでしょう。

ですが、私は月単位ではなく、1年単位で考えるようにしていますので、1年トータルしてプラスになっていれば、FXで勝てているという認識でいます。

毎月プラスは無理でした

昔は、月単位でプラスになれなかったら勝っているとは思わない考え方でしたので、毎月プラス益にならないことにひたすら悩んだものです。

ですが、どうやっても毎月プラス益にすることができないので、考え方を変えて、年単位でプラスになっていれば、もういいかなと思うようになりました。

よくネット検索をしていると、毎月3000pipsとかを安定して稼ぎ出している人たちのFXサイトを見かけますが、本当に毎月3000pipsも稼げるものなのかなあと、疑いの目で見てしまいます(FXで超有名人のアドさんとかは、本当だと思いますが、やたらと毎月安定して物凄いpipsを稼ぎ出しているトレーダーのサイトが多すぎて・・)。

たまたま連続で勝ちが続いて、その月だけ3000pipsとかなら分かる気がしますが、毎月安定して3000pipsも獲得できるものなのでしょうか。

まあ、人のことは別に関係ないのでいいのですが、もしどうしても毎月プラスにならないと悩んでおられるのでしたら、半年単位や年単位といった感じで考えるのもいいと思います。

ようは、最終的に資金が増えていけば、それでいいのですから。

FXのトレードは確率の問題です

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ニューヨーク証券取引所の取引停止の問題

ニューヨーク証券取引所の取引停止は、それぞれ別のオペレーティングシステムで運営されている証券取引所が複雑に絡み合っている可能性があるという診断が出てきた。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は8日( …

株式市場のリアルタイムの取引時間について

株式市場では、取引をする時間は、2回に分けられています。 株式市場はいつでもやっているわけではなく、時間が限られています。 市場がオープンする時間は、朝の9時からで、市場が終わる時間は15時までとなっ …

FXで勝つための経験値を上げる

FXの経験値を上げることで、FXの勝ち組に入りましょう。 FXで勝ち組に入るためには、感情に左右されないルール作りが必須となってきますが、そのルールを作る上で大事になってくるのが、何ヶ月、何年と多くの …

no image

ファンドマネジャーが現金保有を増やしたことが分かった

国際原油価格が下落することにより、ファンドマネジャーが現金保有を増やしたことが分かった。16日(米国時間)、バンク·オブ·アメリカ(BoA)メリルリンチが調べ発表したところによれば、ファンドマネジャー …

no image

オンス当たり8.70ドル(0.7%)低下した1,210.70ドルに閉鎖

ニューヨーク金価格は、ニューヨーク証券取引所と米国ドルが強気を示し下落した。7日、ニューヨーク商品取引所で2月物の金価格は、前日よりオンス当たり8.70ドル(0.7%)低下した1,210.70ドルに閉 …