雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXのトレードは確率の問題です

投稿日:2014年1月11日 更新日:

トレードは確率の問題なので、感情的なトレードをしていてはだめです。

FXでは、確率的に勝てる可能性の高い、勝率6割以上のポイントでエントリーしていけば、トータルで勝てる可能性は上がります(どこで損切りやエグジットをしたかによって変わりますが)。

勝率6割ということは、あとの4割は負けるということです。

ということは、6回連続で勝ったあとに、4回連続で負けるようなこともあるということなので、この4回連続での負けも、気にせずトレードしないといけないということなのです。

例えば、52枚のトランプのカードのうち、21枚をジョーカーのカードにして(ジョーカーを負けの4割と考え)、残りの31枚をエースやキングなどのジョーカー以外のカードにして(ジョーカー以外のカードを、勝ちの6割と考え)、トランプを裏返して1枚ずつめくっていけば、連続でジョーカーをめくることも当然出てくるはずです。

連続の負けはあります

52枚のトランプのカードのうち、52枚の6割である31枚のジョーカー以外のカードと、52枚の4割である21枚のジョーカーをめくっていくことを、FXのトレードに当てはめてみて考えれば、連続で負けることは当たり前だということが分かっていただけるのではないでしょうか。

連続で勝つこともあれば、連続で負けることもある。

そう考えれば、いちいち勝ったとか負けたとかで、感情的になることはなくなりますし、ようは確率の問題なのだという認識を持たないと、ずっと感情的なトレードをし続けることになります。

チャート検証で、勝率6割以上の手法を見つけられたのであれば、その6割のうちでのジョーカーを何度引こうが、最後には勝率6割に収束していくのですから、負けを気にする必要はないのです。

ただし、もし、勝率6割の手法を見つけて実践したのに、トータルで利益が出せないのであれば、勝率が6割ではない手法なのかもしれません。検証をやり直しましょう。

FXのトレードが好きですか?

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ギリシャの総選挙の結果が出て上昇傾向が持続

ニューヨーク証券取引所では、ギリシャの総選挙の結果が出て、米国連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のが開かれる中で蘇った上昇傾向が持続するかどうかが注目される。先週ニューヨーク証券取引所は、欧州中 …

no image

原油価格の急落で、エネルギー業種が売りを見せて下落

8日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、原油価格の急落で、エネルギー業種が売りを見せているに沿って下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週末 …

no image

米国連邦準備制度(Fed)の当局者らの発言に基づいて強気を継続

今週(22〜26日)、ニューヨーク外国為替市場で米ドルは経済指標と米国連邦準備制度(Fed)の当局者らの発言に基づいて強気を継続することができるか注目される。先週金融市場を揺るがしたスコットランドの分 …

株を始める資金運用の極意

果たして私は株式を買収するときに、大切な資金を慎重に考えて深く熟考した後に投資したか。 ここで自分の過去の投資パターンを振り返ってみて、間違っていたりした点を発見し、改善発展させていけば、二度と失敗を …

no image

ワンストップ債券ショップの設立を進めている

ウォール街の12個の銀行が共同で、いわゆる「ワンストップ債券ショップ」の設立を進めているとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が5日(現地時間)報道した。WSJは、ゴールドマン·サックスとBNP …