雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

太陽光で人体のミトコンドリアが活性化

投稿日:2018年8月17日 更新日:

あなたの体はいつも冷えていませんか?夏でも足先などが冷えている人もいます。日頃から体温が低い、冷えがあるという方の細胞は冷えています。

冷えがあるという方の細胞は冷えていて、血液からの酸素も運ばれず、ほとんど窒息状態になっています。細胞レベルでいえば半分死にかかっている状態ですね。

酸素が運ばれないと呼吸ができず、活動停止状態になってしまうのです。想像してみてください、冷えた細胞を。

ミトコンドリア活性が落ちた細胞は、活動停止状態になってしまうのです。冷えた細胞内ではミトコンドリア活性が低下しています。

細胞内にはミトコンドリアという代謝器官がありますが、新陳代謝機能も落ちています。

細胞は常に呼吸をしているので、新しい細胞に生まれ変わることもなくただ死に向かっている状態。

こんな細胞を持った体が元気になれるわけがありませんよね。熱の産生ができない細胞なので。

ミトコンドリアも光によって活発に動けるように

ところが人体は60兆個の細胞で構成されていて、人体そのものが死んでしまうことはありません。

一部の細胞のミトコンドリア活性が低下したところで、ミトコンドリアも光によって活発に動けるようになるのです。

太陽光の可視線が、このミトコンドリア活性を活発にしてくれるのです。

たくさん生命維持のために働いている細胞があります。体温を高める秘密のメカニズム。

はるかにたくさんの熱エネルギーを生み出すことができます。なんとなく不調に感じたり、虚弱になったりしても、光によって活発に動けるようになるのです。

葉っぱが光合成をするのと似たようなものかも知れません。つまりは自家発電ができるようになるわけです。

自家発電ですから冷えません。新しい細胞は今までの冷えて死にかけた細胞に比べ、熱源が無くなるとすぐに冷えてしまっていたのですが、活発になったミトコンドリアは新陳代謝が高まります。

これまでは外部から温めないといけなかったが、太陽光でみずみずしい細胞を作り始めます。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

病院の系列を知っておけば医師が求人を選ぶ際に参考になる

大学病院には、その中でいくつかの系統があります。大きく分けて、旧帝大系、独立系、新設系の三つに分けられますが、患者に圧倒的に支持されているのは、やはり旧帝大系の大学病院です。旧帝大系は、東京大学を頂点 …

no image

病院で風邪薬をもらわなくても本当は自分で治せる!?

風邪薬はどれほど有効か?もともと風邪の薬というのは症状を和らげるだけのものです。風邪のウイルスを本当の意味で駆逐しているのは、実は患者の体の中にひそむ免疫システムなのです。単なる風邪です、といえる医者 …

no image

A型インフルエンザウイルスが人に感染影響を及ぼす理由

A型インフルエンザウイルスは、他のB型インフルエンザウイルス、C型インフルエンザウイルスと比べて、違う特性があります。 A型は世界的な流行を起こす原因となる要因を持ちます。NAタンパクとHAタンパクと …

no image

ストーカーとは?心理や特徴

ストーカー行為は、対象相手を待ちぶせしたり、乱暴や脅迫などの行為をする人のことを指す。あからさまな嫌がらせなどをしなくても、ストーカーと判断されることもある。 家に押しかけたりするのを続ければ、ストー …

no image

医療従事者の被曝量の問題

がんの放射線治療は、患者さんに利益をもたらすものであり、局所的に大量の線量が照射されるが、その被ばく線量に制限は設けられていない。 がんの放射線治療は、がん病巣を治療するという目的を達成することができ …