雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

自分のFXのトレードを信じるためには

投稿日:2014年1月9日 更新日:

自分のトレードを信じるためにはどうすればいいのでしょうか。

FXのトレードでは、連敗はつきものですので、どうしても自分の手法が本当に正しいのか、疑問に思ってしまうことはあると思います。

連敗などありえないというような、スーパーなトレーダーの方なら別ですが、連敗しないで勝ち続けられるトレーダーは、もしいてもほんの一握りのトレーダーでしょう。

私もいまだに連敗はしょちゅうしますが、それでも手法は変えませんし、連敗してもトータルでは負けていません。

自分の手法が信じられない人は、連敗すると、自分の手法が間違っているのではないかと思ってしまって、新しい手法を探しに行こうとします。

しかし、トレードに連敗はつきものですので、安易に手法を変えるのは良くないと思います。

勝っている人は意外にシンプルなチャート

勝っているトレーダーの中には、ローソク足のみのチャートで勝っている人や、MAのみを表示させたチャートを使って勝ち続けている人もいます。

そういった方たちは、そのシンプルなチャートで、色々なトレードを経験し、何度も何度もそのシンプルなチャートで検証を重ねてきているのです。

FXの世界で超有名な、ロブ・ブロッカー氏は、トレードは最低でも1000回はトレードしないと勝てるようにならないと言っています。

分からないですが、恐らくその1000回は、同じ手法で1000トレードだと思います。

もし、自分の手法が信じられないのであれば、過去チャートで擬似トレードをしてみて、毎回のトレードの勝敗を紙に書いて、勝率などを計算してみればいいと思います。

そうすれば、連敗しても、何度もトレードしていけば、最終的にはプラスになることが分かると思いますし、手法を信じれるかもしれません。

連敗したからといってすぐに手法を変えていては、いつまでたっても勝つことなどできません。

楽観的な思考でFXトレード

-FX

執筆者:

関連記事

米ISM製造業・非製造業景況指数-為替FXの予想指標

米ISM製造業・非製造業景況指数とは、アメリカの製造業および非製造業における景気の動向を発表する指標です。 米ISM製造業・非製造業景況指数は、月1回発表が行われますが、製造業部門の発表が、第一営業日 …

no image

ユーロは対円でユーロ= 128.53円で取引

米国ドルは週間雇用指標が肯定的な姿を見せてユーロと円に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、9日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 120.58円を記録し、前日のニューヨー …

ローソク足の組み合わせで色々なことが分かる

ローソク足は、FX市場の色々なことが分かる指標です。 ローソク足が作られる際には、始値という、時間の区切られた始めの価格で始まり、終値という時間の区切られた値で終わります。 そしてその途中で、価格の一 …

no image

英国のインフレと賃金圧力が継続して弱い姿が見られる

英国のインフレと賃金圧力が継続して弱い姿が見られることに応じてヨンラン銀行(BOE)の低金利維持方針が継続されている。堅調な内需と過度の不動産ブームを考慮すると、基準金利を引き上げなければならないと主 …

no image

ユーロは対ドルでユーロ= 1.2389ドルに動かし0.0056ドル下がる

米国ドルは11月の小売販売が好調を見せて4営業日ぶりに円やユーロに上昇した。連合のポメクス(6411)によると、11日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 119. …