雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXで通貨ペアを選ぶ方法

投稿日:2014年1月9日 更新日:

通貨ペアを選ぶ方法は、どんな方法でしょうか?

1つの通貨ペアしか見ていない方なら別ですが、複数の通貨ペアを監視してトレードをされている方は、どういった判断基準で通貨ペアを選択されているのでしょうか。

選び方は人それぞれだと思いますが、例えば、オシレーターを参考にされている人は、オシレーターのエントリーサインが出ている通貨ペアを選ぶでしょうし、グランビルの法則を参考にされている方は、MA付近のレートの動きで、法則に当てはまっている通貨ペアを選ぶでしょう。

そして、私の場合は、「綺麗なチャート」を選ぶようにしています。

綺麗なチャートとは、陰線と陽線が交互に入り乱れたローソク足よりも、陰線なら陰線ばっかりとか、陽線なら陽線が連続しているチャートを選びます。

ちょうど入道雲がもくもくと大きくなっていくようなローソク足だと、「これだ!」と思って、エントリーを検討します。

こういった場合には、レートの勢いがあると判断ができますし、勢いのあるレートは、戻りにくい傾向があります。

レートの勢い

レートの勢いは、ローソク足で判断できますし、FXのトレードでは、レートの勢いは大事なエントリーの判断基準になりますので、ローソク足からレートの勢いが分かるようになったほうがいいでしょう。

あと、綺麗なチャートの基準として、ヒゲが長いローソク足がたくさんある場合には、その通貨ペアは選ばないようにしています。

ひげの長いローソク足が多い通貨ペアの場合、エントリーした途端に、激しく上下して不安定な動きをしますので、上下の振れで損切りになってしまう恐れが出てしまいます。

陰線なら陰線ばっかり、陽線なら陽線が連続していて、しかもヒゲが短いローソク足のチャートだけを選べば、それだけで、不思議と勝率は上がっていくと思います。

是非、実践してみて下さい!

FXでの複数通貨ペアトレードの迷い

-FX

執筆者:

関連記事

no image

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念に連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しが弱まっに伴い、円とユーロに下落した。連合インフォマックス(6411)による13日の午後遅く、ニューヨーク …

no image

先週の原油在庫は260万バレル増の5千890万バレルだった

ニューヨーク原油価格は、米国の先週の生産量の減少とガソリン消費の増加見通しなどに急騰した。1日、ニューヨーク商業取引所で5月物のウエスト·テキサス産原油(WTI)の価格は、前日よりバレル2.49ドル( …

FXの口座の開設後の維持費などが無料

FXの証券口座を開設したら、開設後の維持費などが無料でずっと使えます。 私などは、たくさんのFX証券口座を持っておりますが、それら複数の証券口座の全てが、口座開設費用や、口座維持費など無料で、もう何年 …

トレンドライン手法で株価分析

トレンドラインは、株価分析には欠かせない分析方法です。 トレンドラインとは、チャートにトレンドに沿ったラインを引いたものになりますが、株価チャート上では、自分で線を引いたり、文字を書いたりすることがで …

FXを始めるならお金はいくら必要なのか

これからFXを始めようと思っておられる方なら、実際にお金はいくら必要なのか気になるところだと思います。 結論から言うと、FXで必要な最低資金は、だいたい3~5万円ほどあれば、取り引きを行うことができま …