雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXのトレードしたいのか資金を増やしたいのか

投稿日:2014年1月8日 更新日:

トレードしたいのか資金を増やしたいのかで変わること。

勝てていないトレーダーによくある傾向として、「トレード回数が多い」という方が本当に多いようです。

FXで勝っているトレーダーに多い傾向としては逆に、「トレード回数が少ない」傾向があるようです。

負けている人が何故トレード回数が多いのかというと、1日に何度も何度もトレードチャンスがあって、1度たりともそのチャンスを逃すものかと、息を荒くしてチャートをにらみつけて、トレードできるチャンスを狙い続けているので、何度もトレードをしてしまうのです。

そういった方は、「トレードしたいのか、資金を増やしたいのか」どっちなのでしょうか。

逆に、勝っているトレーダーは、石橋を叩きまくってトレードをしていますので、慎重に慎重にフィルターをかけてチャートを分析して、「負けなさそう」なときだけトレードをします。

分析してもよく分からないときにはトレードをしませんし、ボラティリティーが縮小しているときもトレードしませんし、ヒゲの長いローソク足がたくさんあるときもトレードしません。

自然にトレード回数は減るはず

ですので、色々なフィルターをかけてチャートを見た結果、自然とトレード回数は減っていきます。

私が尊敬する、ビクトリーメソッドという情報商材を作った作者の方が、「1つの通貨ペアで、トレードできるのは、せいぜい1日に1~2回です」とおっしゃってました。

実際、そのお言葉どおり、1つの通貨ペアでトレードできるのは、せいぜい1日に1~2回になっていますし、ずっと1日中スクイーズしている日には、トレード回数が0回なんてこともしょっちゅうです。

純粋に資金を増やしたいなら、無駄なトレードはしないで、負けないところだけで勝負しないといけません。

もし、トレードが好きで、資金を増やすことよりトレードをしているのが楽しいのであれば別ですが、そうでないのなら、1日に何度もトレードをするのは、あまり良くないと思います。

常に迷いながらFXトレードをしている人

-FX

執筆者:

関連記事

no image

米国の金利引き上げ時期が早まるという懸念が浮き彫りに

ニューヨーク証券取引所では、米国の金利引き上げ時期が早まるという懸念が浮き彫りにされた中での小売販売に興味が注がれると観測される。先週ニューヨーク株式市場は、米国連邦準備制度(Fed)が間もなく基準金 …

FXでのトレードの才能のあるなし

トレードの才能のあるなしについて。 FXで入金していた資金を全てなくしてしまったことのある方は、けっこういるのではないでしょうか。 FXでデモトレードで練習もしないで、いきなりリアルトレードをして、負 …

DPOは逆張りに強いテクニカルオシレーター

DPO(Detrended Price Oscillator)は、逆張りに強いオシレーターで、比較的直近の、相場の買われすぎや売られすぎを判断することができるオシレーターとなっています。 DPOの名前 …

no image

Fedが予想よりも速い速度でより高い基準金利を上げる

新興市場は、連邦準備制度(Fed)が予想よりも速い速度でより高い基準金利を上げるなどの否定的な金利引き上げのシナリオが表示されたときに、その危険性に最も大きく露出されると、クレジット会社フィッチが診断 …

小幅上放れ黒線と上放れの並び赤のチャートパターン

小幅上放れ黒線と上放れの並び赤を紹介します。 「小幅上放れ黒線」は、安い水準での、値幅の小さいもみ合い(小さな陽線と陰線が並んでいて、上昇も下降もしていない状態)で、突然上方向に窓があいて、上ヒゲのつ …