雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

ホルモン分泌が人間の体に与える影響

投稿日:2018年8月15日 更新日:

ホルモン量のバランスが、健康状態を左右するほどの大きな影響力を持っています。目には見えないほどのわずかな量で、体調が大きく変わることもあります。

ホルモンを分泌する場所は、精巣、心臓、副甲状腺、勝臓、副腎、卵巣、肝臓、腎臓、脳視床下部、脳下垂体、甲状腺など、かなりたくさんあります。

私たち人間の体の中でも大切なもののひとつが内分泌です。生命活動を維持するために体内で様々な物質で、ホルモンともいわれています。

人間は、ホルモンの分泌で、毎日化学反応をしながら活動しています。ホルモンは本当に重要です。

ホルモンの量が、ごくわずか増減するだけで大変です。臓器や器官から分泌されるホルモンの量により、私たちの体は大きく変わりますので、ホルモン分泌の量は適正でないといけません。

ホルモンは私たちが生まれてから死ぬまでの間に、どのぐらい分泌されるでしょうか?10リットル?100リットル?いいえ、実は、わずかティースプーン1杯程度の量しか分泌されません。本当に少量なのです。

更年期障害

更年期障害は、ホルモン分泌量の減少によって引き起こされる病気です。卵巣ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が減少していきます。

卵胞細胞の減少に伴って40代半ばから卵巣の働きが衰え始めてしまいます。人によっては30代からこうした症状が出始めることもあります。

更年期障害は、女性の体内のホルモンバランスが狂うことで起こります。自律神経系に支障をきたすのが更年期障害です。

更年期障害の治療法として、可視線に当たることによってこの調整機能を取り戻すという治療法があります。

内分泌の乱れを最小限にとどめることを可能にするのが、可視線の働きです。内分泌調整がうまくいかないことに端を発する疾患は多いのですが、可視線はこういった疾患に効果を発揮するのです。

太陽が沈みっぱなしになる冬になると、極北圏に住む先住民族の女性は、閉経するといいます。

バランスが少し狂ってしまうだけでも、ホルモンというのは、人体に大きな影響を与えるのです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

おすすめの専門医取得ができる求人案件があるサービスを紹介

現在、専門医資格のニーズが高まっていると言われてきていて、実際、業界で多くの先生が、専門医の資格をどれか1つは所得していると言われています。ただ、色々と事情があり、専門医の資格を取得できない先生も、ま …

no image

心臓の雑音のことをマーマーという-用語集

・ポケベル(pocket bell) 20年前に女子高生にかわいいポケベルが流行し、医者の持つ黒色のポケベルはダサイと言われた。 そして現在はPHSが主流となり、ポケベルは化石となった。30年前のTV …

no image

インフルエンザウイルス感染の仕組みや増殖度合いについて

南半球・北半球と各々半年のうちに感染が駆け抜けていったことがありました。2009年の新型インフルエンザウイルスです。 これには、次の3つの訳がありました。ウイルスに感受性が高い人の比率が高かったこと、 …

no image

赤レンガ病棟に入ったある人

私は左翼学生ではなかったが、同期の友人が、赤レンガは人間的な精神医学をやるところで、外来派は生物学的精神医学という脳の研究をやるところだと教えてくれた、とある人は語る。彼も赤レンガに行く予定で、その勉 …

no image

輸血クロスマッチ-輸血する血液を混ぜ合わせて合わせる-用語集

医師の間で使われることがある、色々な用語を紹介しよう。 ・クロスマッチ クロスマッチというのは、患者の血液と輸血する血液をクロスして(混ぜ合わせて)、その両者がマッチするか(相性が合うか)をみるのであ …